「海野普吉」の版間の差分

編集の要約なし
m (曖昧さ回避ページ総評へのリンクを解消、リンク先を日本労働組合総評議会に変更(DisamAssist使用))
|参照方法 = 2013年4月
|独自研究 = 2013年4月}}
'''海野 普吉'''{{Refnest|group="注"|本来の名は「'''晋吉'''」と書いて「しんきち」と読ませるものだったが、届を受理した役所の人間が[[戸籍]]に「普吉」と誤記し、不精な性格の父親もあえて役所に訂正を求めなかった<ref>入江 (2011) 24頁</ref>。}}(うんの しんきち、[[1885年]][[8月29日]] - [[1968年]][[7月6日]]<ref>[http://kotobank.jp/word/%E6%B5%B7%E9%87%8E%E6%99%AE%E5%90%89 海野普吉 - コトバンク]</ref>)は昭和戦前・戦後の社会派、自由人権派の弁護士。多くの[[思想裁判]]・[[政治裁判]]の弁護をする{{Refnest|group="注"|自身は[[マルクス主義]]とは一線を画する[[自由主義者]]であったが、マルクス主義者を弁護する事件も相当こなした。常に被告のことを配慮する「やさしさ」は参考文献の各書が指摘するところである。}}。戦後は[[社会運動]]も行う。戦後初の[[最高裁判事]]も受けず、親友の[[片山哲内閣]]の[[法務大臣]]も受けず、一貫して在野の[[弁護士]]であることを貫く{{Refnest|group="注"|法務大臣就任をオーケーしなかったのは、弁護士登録がいったん途切れることへの懸念から、とも言われる。}}
 
多くの[[思想裁判]]・[[政治裁判]]の弁護をする{{Refnest|group="注"|自身は[[マルクス主義]]とは一線を画する[[自由主義者]]であったが、マルクス主義者を弁護する事件も相当こなした。常に被告のことを配慮する「やさしさ」は参考文献の各書が指摘するところである。}}。戦後は[[社会運動]]も行う。戦後初の[[最高裁判事]]も受けず、親友の[[片山哲内閣]]の[[法務大臣]]も受けず、一貫して在野の[[弁護士]]であることを貫く{{Refnest|group="注"|法務大臣就任をオーケーしなかったのは、弁護士登録がいったん途切れることへの懸念から、とも言われる。}}。
 
==経歴==
*1885年:静岡県有渡郡曲金村(現在の[[静岡市]][[駿河区]])で生まれる{{Refnest|group="注"|親類には、[[俳人]][[歌人]][[作詞家]]の[[海野厚]]、[[シスター海野]]がいる。}}
*1908年:[[第六高等学校 (旧制)|第六高等学校]]卒業
*1914年:[[東京帝国大学]]法学部卒業
 
==参考文献==
*海野普吉([[潮見俊隆]]編)『ある弁護士の歩み』[[日本評論社]]、1968年
*「弁護士海野普吉」刊行委員会編『弁護士海野普吉』非売品、1972年
*[[潮見俊隆]]編著『日本の弁護士』日本評論社、1972年
*[[松岡英夫]]『人権擁護六十年――弁護士海野普吉』[[中公新書]]、1975年
*[[森長英三郎]]『日本弁護士列伝』社会思想社、1984年
*[[竹下甫]]『ある弁護士の置土産――海野普吉先生に学ぶ刑事弁護の精神』[[白順社]]、1996年
*[[入江耀子]]『思想は裁けるか――弁護士・海野普吉伝』[[筑摩選書]]、2011年
 
==関連項目==