「潮見俊隆」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
'''潮見 俊隆'''(うしおみ としたか、[[1922年]][[5月10日]] - [[1996年]][[10月19日]])は、[[日本]]の[[法学者]]。[[帝京大学]]名誉教授。専門は[[民法]]および[[法社会学]]。[[東京府]]出身。
 
== 人物 ==
[[東京大学法学部]]卒、[[東京大学社会科学研究所]]教授。1950年代から活躍する[[民法]]及び[[法社会学]]の権威であったが、1977年に刊行した『[[治安維持法]]』において、同僚の[[奥平康弘]]の著書『治安維持法小史』より[[盗作|盗用]]が発覚するという[[岩波新書]]はじまって以来のスキャンダルが判明し、急遽留学先の[[西ドイツ]]より帰国、東京大学を辞任。その後、[[帝京大学]]法学部教授。93年定年退職、名誉教授。
 
1962年 東京大学 [[法学博士]]。論文は「漁村の構造 : 漁業権の法社会学的考察」<ref>博士論文書誌データベース</ref>。