「経口血糖降下薬」の版間の差分

m
編集の要約なし
(→‎インスリン分泌促進薬: セマグルチドについて追記等)
m
比較的古くから用いられてきたスルフォニル尿素薬のようなインスリン分泌促進薬や、[[α-グルコシダーゼ阻害剤]]のようなブドウ糖吸収阻害薬、[[ビグアナイド系]]や[[チアゾリジン系]]のブドウ糖吸収阻害薬、インクレチンを増強するDPP-4阻害薬やGLP-1受容体作動薬、またSGLT2阻害薬がある。
 
1998年に、イギリスで UKPDS という大規模比較試験が行われて以来、糖尿病慢性合併症予防目的にてこれらの薬は用いられている。特にインスリン分泌が残存している2型糖尿病のインスリン非依存状態において有効である。2型であっても、重篤な感染症の様にインスリン需要の多い時、清涼飲料水ケトアシドーシス([[ペットボトル症候群]])の様に分泌を上回るブドウ糖摂取があるとき、周術期や妊娠などは[[インスリン]]治療が必要である。
 
== インスリン分泌促進薬 ==