「キリスト教福音宣教会」の版間の差分

脚注にあげられている記事に沿い正確に編集
(「fraudulent activity」は辞書で「不正行為」であるため編集)
(脚注にあげられている記事に沿い正確に編集)
 
== 会員への指導 ==
まずは自分自身が成長すること、そして将来に良い結婚、良い家庭を作ることが教義にある。聖書に基づく婚姻、結婚に関する教育を結婚適齢期の会員にはしている。教義上の理由により男女の交際を禁じている。結婚でき2006年の証言によかどうかと、配偶者を選ぶための祝福行事最終的に教祖が決定し、27歳以上、信徒に選択仰歴3年以上、3人以上伝道したことを参加条件とした2泊3日ほど合宿形式で行われ、参加者内で自由はなに会話して相手を選んで良が、鄭の承認が必要だったという<ref name="sakura">{{cite news|title=摂理の合同結婚式150組以上が参加 教祖が縁組 |journal=朝日新聞 |date=2006-07-31 |url=http://www.asahi.com/national/update/0731/OSK200607310206.html |archiveurl=http://religion.sakura.ne.jp/religion/ms/ms_doc_asahi060731.htm|archivedate=2006-07-31 |accessdate=2014-07-29}}</ref>。2006年春までに6回行われた「祝福式」には150組以上が参加したとされる<ref name="sakura"/>。
2006年の春までに、日本人信者を対象にした「祝福式」が6回行われ、少なくとも150組以上が参加した。祝福行事は2泊3日ほどの合宿形式で行われ、男女とも27歳以上、信仰歴3年以上、3人以上を教団に伝道したことが参加条件とされる<ref name="sakura"/>。
 
飲酒は「霊が死ぬ」として禁じられている<ref name="asahicom" />。
123

回編集