「メトホルミン」の版間の差分

→‎top: 高用量の設定について
(→‎top: リンク変更)
(→‎top: 高用量の設定について)
}}
'''メトホルミン'''({{lang-en-short|Metformin}})は、[[ビグアナイド]]系薬剤に分類される[[経口血糖降下薬|経口糖尿病治療薬]]の一つである。日本での商品名は'''メトグルコ'''、'''メルビン'''(販売中止)(ともに[[大日本住友製薬]])や<ref name="ifm">{{cite web|url=http://www.info.pmda.go.jp/go/interview/1/400093_3962002F2027_1_009_1F|title=メトグルコ錠250mg/メトグルコ錠500mg インタビューフォーム|accessdate=2015-09-21|date=2014-08|format=PDF|publisher=大日本住友製薬}}</ref>{{rp|1}}、'''グリコラン'''錠([[日本新薬]])<ref name="ifg">{{cite web|url=http://www.info.pmda.go.jp/go/interview/1/530263_3962002F1071_1_18F_1F|title=グリコラン錠250mg インタビューフォーム|accessdate=2015-09-21|date=2014-09|format=PDF|publisher=日本新薬}}</ref>{{rp|1}}が先発品として発売されている。後発医薬品としては'''メデット'''([[トーアエイヨー]])や'''ネルビス'''([[三和化学]])などがある。
 
メトホルミンは1961年に発売された薬物であるが、[[アシドーシスとアルカローシス#代謝性アシドーシス|乳酸アシドーシス]]を避ける為に用量が制限(最大750mg)されていた。しかし「メトホルミンの効き目が弱いのは投与量が少ないからだ」との意見を受け<ref>{{Cite web|url=https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/cvdprem/topics/201004/515077.html|title=1日2250mgまで投与可能なメトホルミン製剤発売|accessdate=2020-10-18|publisher=日経メディカル}}</ref>、日本国内で改めて臨床試験を実施し、高用量(最大2250mg)での使用が承認された<ref>{{Cite web|url=https://www.ds-pharma.co.jp/ir/news/2010/20100120-02.html|title=経口血糖降下剤「メトグルコ」の製造販売承認取得について|accessdate=2020-10-18|publisher=大日本住友製薬}}</ref>。
 
== 薬理 ==
== 適応症 ==
* 2型[[糖尿病]]([[インスリン]]非依存型糖尿病)<ref name=pi/>
: メトグルコのみが高用量(一日2250mgまで)での処方が可能であり、グリコランおよび後発品では一日750mgまでに制限されている。
 
== 副作用 ==