「枯草菌」の版間の差分

抗菌性活性リポペプチドへの言及無し。
(抗菌性活性リポペプチドへの言及無し。)
 
==歴史==
1835年に[[:en:Christian Gottfried Ehrenberg|Christian Gottfried Ehrenberg]]によって発見された<ref name=Ehrenberg1835>{{cite book |author=Christian Gottfried Ehrenberg |title=Physikalische Abhandlungen der Koeniglichen Akademie der Wissenschaften zu Berlin aus den Jahren 1833–1835 1833-1835|pages=145–336 145-336|year=1835 |authorlink=:en:Christian Gottfried Ehrenberg}}</ref>。最初に発見されたとき、''Vibrio subtilis''と名付けられた。Ferdinand Cohnによって現在の学名''Bacillus subtilis''が生まれたのは1872年であった<ref name=Cohn_1872>{{cite book |last=Cohn |first=Ferdinand | name-list-format = vanc |chapter=Untersuchungen über Bacterien |chapterurl=https://books.google.com/books?id=wnyHvEtfRrQC&pg=RA1-PA127 |title=Beiträge zur Biologie der Pflanzen |year=1872 |volume=1 |pages=127–224127-224 |authorlink=:en:Ferdinand Cohn}}</ref>。和名の枯草菌は、枯れた草の表面などからこの細菌が分離されることが多いために付けられた。''Bacillus uniflagellatus''、''Bacillus globigii''、''Bacillus natto''は[[シノニム]]である。最初に研究対象となった細菌の一つである。現在でも細胞の発生と分化の[[モデル生物]]に一般的に用いられている。
 
==利用==
 
[[分子生物学]]分野では、枯草菌は[[グラム染色|グラム陽性]]桿菌の[[モデル生物]]として扱われている。[[1997年]]には枯草菌[[ゲノム]]の解読が完了しており、遺伝子研究や遺伝子組換えによる有用微生物の開発にも用いられている。
 
枯草菌は、枯草菌が抗菌性活性リポペプチド(iturinn A、plipastain)と強力な界面活性を示す物質(surfactin)を分泌することから、消臭に利用されたり、微生物農薬としての利用が進められている<ref name="ideshokai">{{Cite web|url=https://www.ideshokai.com/navi/nioi03.html |title=【バイオ消臭剤】バチルス菌を使用したトイレ・家畜の消臭実験 |accessdate=2020-10-15}}</ref>。
 
遺伝子組み換えでは主に[[大腸菌]]と[[酵母]]が利用されるが、[[大腸菌]]は生産量が多いものの、生産物を菌の中に貯め込みがちで、[[酵母]]は、生産量が低い。枯草菌はその両者の欠点を克服している<ref name="milive">{{Cite web|url=https://www.milive-plus.net/発酵学-有用微生物学/発酵学-有用微生物学3/ |title=醤油会社の庭の菌が世界の糖尿病患者を救う |accessdate=2020-10-15}}</ref>。
 
==参考文献==
{{Reflist}}
<references/>
 
{{DEFAULTSORT:こそうきん}}