「上山政夫」の版間の差分

m
内部リンク追加と誤記修正
(中身のないタグ)
m (内部リンク追加と誤記修正)
'''上山 政夫''' (うえやま まさお、[[1910年]] [[下関市]] [[山口県]] [[日本]] - [[1988年]] [[下関市]] [[山口県]] [[日本]] )は日本のエスペラント詩人・作家。
 
[[世界エスペラント協会]]の文芸コンクール1位を含め、国内外のエスペラント文芸コンクールで受賞歴をもつ、日本の[[エスペラント文学]]における先駆者のひとり。[[宮本正男]]との活動によってエスペラント語の[[俳人]]としても知られる。 死後、[[太宰治]]『斜陽』の翻訳である『La Suno Sinkanta』が雑誌『Riveroj』に掲載された。彼は[[1964年]]から[[1980年]]まで刊行された文学雑誌''『L'omnibuso』''で[[林健 (作家)|林健]]をはじめとする若い作家たちを育て、次の世代に大きな影響を与えた。<ref>『日本エスペラント運動人名典』(ひつじ書房)中のp.71「上山政夫」</ref>
 
== 受賞 ==