「坂野潤治」の版間の差分

編集の要約なし
(死去)
 
== 経歴 ==
[[1937年]](昭和12年)、[[神奈川県]][[横浜市]]生まれ。[[1963年]](昭和38年)[[東京大学文学部]]国史学科卒業。東京大文学部助手、中は[[千葉大学60年安保闘争]][[人文学部]]助手・[[助教授]]、[[お茶の水女子大学]][[文教育学部]]助教授経て、[[1986年]](昭和61年)[[東京大全日本生自治総連合|全研究所]][[教授]]、[[1998年]](平成10年)定年退官、そ後[[2004年]](平成16年)まで千葉大学法経学教授闘士として指揮していた
 
東京大学文学部助手、[[千葉大学]][[人文学部]]助手・[[助教授]]、[[お茶の水女子大学]][[文教育学部]]助教授を経て、[[1986年]](昭和61年)[[東京大学社会科学研究所]][[教授]]、[[1998年]](平成10年)定年退官、その後[[2004年]](平成16年)まで千葉大学法経学部教授。
在学中は[[60年安保闘争]]を、[[全日本学生自治会総連合|全学連]]の幹部闘士として指揮していた。
 
[[1997年]](平成9年)『[[#坂野1997|近代日本の国家構想]]』で[[吉野作造賞]]を受賞。[[2009年]](平成21年)『[[#坂野2008|日本憲政史]]』で[[角川源義賞]]を受賞。
 
[[2020年]][[10月14日]]、進行性胃がんで死去。{{没年齢|1937|05|13|2020|10|14}}。
 
== 著書 ==