「カトリック築地教会」の版間の差分

m
→‎沿革: リンク修正
(カテゴリを追加)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
m (→‎沿革: リンク修正)
 
== 沿革 ==
[[1858年]]([[安政]]5年)に締結された[[安政の五カ国条約]]によって東京は開市場に指定された。そのため、[[1869年]]([[明治]]2年)[[築地]]鉄砲洲(現在の[[中央区 (東京都)|中央区]][[明石町 (東京都中央区)|明石町]]一帯)は[[外国人居留地]]となった。当時[[キリスト教]]は[[禁教]]であったが、[[1866年]]([[慶応]]元年)から[[横浜]]に滞在していた[[パリ外国宣教会]]の[[宣教師]]ジャン・マリエ・マランは、[[1871年]](明治4年)の夏頃、[[京橋区]][[八丁堀 (東京都中央区)|八丁堀]]鉄砲洲の稲荷橋付近に[[商家]]を借り、[[語学]][[塾]]を開き[[宣教]]の[[タイミング]]を待っていた。
 
[[1873年]](明治6年)、[[キリシタン]]禁制の[[高札撤去]]に合わせてパリ外国宣教会は行動を開始する。翌[[1874年]](明治7年)7月2日、マランは日本政府より築地居留地35、36番(約990坪)を借り受け、翌月より[[聖堂]]建設に着手する。同年11月22日、[[東京]]で最初の[[カトリック教会]]として築地教会の献堂式が行われ、東京以北の宣教の中心地となった。