「プロコピオス」の版間の差分

内容追加
m (外部リンクの修正 http:// -> https:// (hdl.handle.net) (Botによる編集))
(内容追加)
カイサレイアの'''プロコピオス'''({{lang|el|Προκόπιος}}, ラテン文字転記:Procopios, [[500年]]頃? - [[562年]]以降?<ref group="注釈">[[565年]]に没したという説あり。</ref>)は、[[6世紀]]の[[東ローマ帝国]]の[[歴史家]]・[[政治家]]。[[パレスティナ]]の[[カイサリア|カイサレイア]]の出身
 
== 出身と主な経歴 ==
[[パレスティナ]]の[[カイサリア|カイサレイア]]の出身。
 
プロコピオスは[[ユスティニアヌス1世]]時代に活躍した[[ベリサリウス]]将軍の秘書官兼法律顧問として対[[サーサーン朝]]戦争、[[ヴァンダル王国]]征服戦争、[[東ゴート王国]]征服戦争に従軍し、それらの記録を残した。
 
== 出自について ==
プロコピオスは[[東ローマ帝国]]において文武両官の高位を与えられてきた著名な家門[[プロコピア家]](ローマ皇帝で後に「背教者」として知られるユリアヌスの母方の従兄プロコピウス(325年頃 - 366年。ウァレンス帝に対して反乱を起こして敗北、処刑)、子プロコピウス(365年 - 没年不明)、孫で422年から424年に東方軍区長官(''magister militum per Orientem'')を務めた[[プロコピウス (マギステル・ミリトゥム)|プロコピウス]]、曾孫で西ローマ皇帝プロコピウス・アンテミウス(420年頃 - 472年)の4代直系とその子孫を輩出)に属する人物達と同じ名前を持っているが、後述する3つの著作以外、プロコピオスが家族など、私生活の面でどのような経緯を持つ人物だったかについては史料が無く、皆目見当がつかないというのが実情である。
 
因みに「プロコピウス(プロコピオス)」という名前に関係する人物で記録上最後に判明している人物は、プロコピオスの時代から約300年後の東ローマ皇帝でニケフォロス朝の創始者ニケフォロス1世(760年 - 811年7月26日)の娘プロコピアで、ニケフォロス朝最後の皇帝でニケフォロス1世の娘婿ミカエル1世ランガベー(780年頃 - 844年1月11日)の妻となり、5人の子女を儲けている。「プロコピア」は「プロコピウス(プロコピオス)」の女性形となる。
 
== 著作 ==
 
『戦史』全8巻は上記の戦いを記録したものである。『建築について』は、[[アヤソフィア|ハギア・ソフィア大聖堂]]再建などに見られるユスティニアヌスの建築活動を賛美したものである。『秘史』はその名の通り公開を前提としていたものではなく、もちろん生前には公開されていないプロコピオスの秘密ノートである。この『秘史』では、上記の2つの書物でユスティニアヌスの[[古代ローマ帝国]]復興や建築活動を賛美していたはずのプロコピオスが、ユスティニアヌス・[[テオドラ (ユスティニアヌスの皇后)|テオドラ]]夫妻やベリサリウス・[[アントニナ]]夫妻の悪口やスキャンダルを書き連ねている。そのため、かつては別の人物の作品ではないかと思われていたが、研究の結果これもプロコピオスの手によるものだと確認されている。『秘史』は、市民の反乱を武力で平定し、専制君主制を強化したユスティニアヌス帝治下の知識人が置かれた、表立って皇帝を批判できない立場を反映していると言えるだろう。これによって当時の帝国とユスティニアヌス帝の実像を知る上で貴重な資料が遺されたのである。
 
また、プロコピオスは著作の中で教会権力を主題とした『教会史』の執筆を仄めかしているが、現代に伝わっていないことから結局、執筆することなく執筆する前、或いは完成させる途上でプロコピオス自身が亡くなったと思われる。
 
==書籍==
匿名利用者