「ムスタルシド」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
m編集の要約なし
| サイン =
}}
'''アル=ムスタルシド'''({{Lang-ar|المسترشد}}、[[1092年]] - [[1135年]][[8月29日]])は[[アッバース朝]]の第29代[[カリフ]]である。先代のカリフ、[[ムスタズヒル|アル=ムスタズヒル]]の子。
 
傀儡化の進んでいたアッバース朝の再軍備を行い、[[セルジューク朝]]の軛からの脱却を目指し、[[マズヤド朝]]の[[ドゥバイス2世]]や[[ザンギー朝]]の[[ザンギー|イマードゥッディーン・ザンギー]]らと戦った。
1092年、ムスタズヒルの息子として生まれる。1118年即位。1095年頃から金曜礼拝の際の[[フトバ]]で彼の名前が唱えられており、先代ムスタズヒルの明確な後継者であった<ref>Ibn al-Athir p.191</ref>。
 
1123年、デュドゥバイスがイラクを攻撃した際は自ら出陣し、これを破っている。なお、この時カリフ軍に従った武将アクソンコル・アル=ブルスキの配下に、イマードゥッディーン・ザンギーがいる<ref>Ibn al-Athir pp.242-4</ref>。
 
1127年、セルジューク朝の代替わりにより若年のスルタン、マフムードが即位した。セルジューク朝の武将でバグダードを任されていたヤルンカシュ・アル=ザカウィがムスタルシドの勢力伸長をマフムードに警告し、マフムードはバグダードへ侵攻しカリフ軍との戦闘となった。事態を収拾できなくなったマフムードは、この時[[バスラ]]の司令官となっていたザンギーを呼び寄せ、カリフ軍と戦わせた。ムスタルシドはザンギーに敗れ、武器を置いた<ref>マアルーフ pp.208-9</ref><ref>Ibn al-Athir pp.263-5</ref>。
 
1131年-1132年、先述のマフムードが没し、セルジューク朝の後継者争いが始まった。これを好機と見たムスタルシドは、諸勢力の調停に立ち権威回復を図る。先のカリフ軍との戦闘の功を認められアレッポと[[スル]]を領有していたザンギーは、この状況に危機感を覚え、庇護下に置いていたデュドゥバイスとともにバグダードへ進軍した。ムスタルシド自ら率いるカリフ軍とザンギー軍の戦闘は、デュドゥバイスが逃げ出しザンギー軍の敗北に終わった。
 
1133年、ムスタルシドはザンギーの息の根を止めるべくモスルへと進軍したが、三ヶ月に渡る頑強な抵抗の前にモスル奪取は失敗し、この失敗によってムスタルシドは部下の武将たちから見放され1135年6月、セルジューク朝のスルタンに敗れて捕らえられたところを、乱入してきた[[ニザール派]]の刺客に殺された<ref>マアルーフ pp.215-7</ref><ref name="kamil1">Ibn al-Atihir pp.318-9</ref>。
 
== 人物 ==