「アレックス・ヴァレンヌ」の版間の差分

編集の要約なし
 
|名前 = アレックス・ヴァレンヌ<br />Alex Varenne
|本名 =
|生年 = {{生年月日と年齢|1939|8|29|no}}
|生地 = {{FRA1870}}<br/>{{仮リンク|サン=ジェルマン=オ=モン=ドール|en|Saint-Germain-au-Mont-d'Or}}
|国籍 = {{FRA}}
}}
 
'''アレックス・ヴァレンヌ''' (Alex Varenne, [[1939年]][[8月29日]] - [[2020年]][[10月20日]]) は、[[フランス]]の[[画家]]、[[成人向け漫画]]家。
 
== 経歴 ==
[[リヨン]]で学んだ後、美術教師になる。
[[リヨン]]で学んだ後、美術教師になる。 1979年に弟で作家のダニエル・ヴァレンヌと共に、主人公の名前をタイトルにしたシリーズ作品『アルドゥール』を、漫画雑誌「月刊シャルリー」(''Charlie Mensuel'')に発表。1980年から1987年の間に全六作を出版した。第三次世界大戦中の世界を舞台に、主人公が放射能で荒廃した[[ディストピア]] (暗黒郷) のヨーロッパを横断するこの作品の中で、ヴァレンヌは柔らかな描線と[[白黒]]の技巧を見せた。
 
1985年には、弟ダニエルのシナリオで『ある出来事の風景』を発表。それに並行して、ヴァレンヌは[[:en:L'Écho des savanes|エコー・デ・サヴァンヌ]]誌(''L'Écho des Savanes'')で官能的な作品を数多く執筆する。これらの多くは、[[:en:Éditions Albin Michel|アルバン・ミシェル]]社より出版されている。1995年には[[講談社]]の漫画雑誌「[[モーニング (漫画雑誌)|モーニング]]」で、『喜郎』を連載する<ref>『はじめての人のためのバンド・デシネ徹底ガイド』151ページ。</ref>。この作品では、同名の日本人青年が主人公に据えられ、フランス人女性を次々と口説き落としていく様が描かれている。
[[リヨン]]で学んだ後、美術教師になる。 1979年に弟で作家の[[ダニエル・ヴァレンヌ]]と共に、主人公の名前をタイトルにしたシリーズ作品『アルドゥール』を、漫画雑誌「月刊シャルリー」(''Charlie Mensuel'')に発表。1980年から1987年の間に全六作を出版した。[[第三次世界大戦]]中の世界を舞台に、主人公が[[放射能]]で荒廃した[[ディストピア]] (暗黒郷) の[[ヨーロッパ]]を横断するこの作品の中で、ヴァレンヌは柔らかな描線と[[白黒]]の技巧を見せた。
 
1985年には、弟ダニエルのシナリオで『ある出来事の風景』を発表。それに並行して、ヴァレンヌは[[:en:L'Écho des savanes|エコー・デ・サヴァンヌ]]誌(''L'Écho des Savanes'')で官能的な作品を数多く執筆する。これらの多くは、[[:en:Éditions Albin Michel|アルバン・ミシェル]]社より出版されている。
 
1985年には、弟ダニエルのシナリオで『ある出来事の風景』を発表。それに並行して、ヴァレンヌは[[:en:L'Écho des savanes|エコー・デ・サヴァンヌ]]誌(''L'Écho des Savanes'')で官能的な作品を数多く執筆する。これらの多くは、[[:en:Éditions Albin Michel|アルバン・ミシェル]]社より出版されている。1995年には[[講談社]]の漫画雑誌「[[モーニング (漫画雑誌)|モーニング]]」で、『喜郎』を連載する<ref>『はじめての人のためのバンド・デシネ徹底ガイド』151ページ。</ref>。この作品では、同名の日本人青年が主人公に据えられ、フランス人女性を次々と口説き落としていく様が描かれている。
 
== 作品 ==
 
=== その他 ===
*12の愛のサイン(''Les 12 Signes de l'Amour''、[[ブリジット・ライエ]]作、挿絵、2002年)
 
== 日本での出版 ==
*『喜郎』([[長谷川たかこ]]訳、[[講談社]]、1995年、ISBN 4063195953)※絶版
 
== 脚注 ==
[[Category:ローヌ県出身の人物]]
[[Category:1939年生]]
[[Category:存命人物2020年没]]