「テロメライシン」の版間の差分

多分社内の方によると思われる微妙に宣伝的な文言を、百科事典らしく修正。
(多分社内の方によると思われる微妙に宣伝的な文言を、百科事典らしく修正。)
 
'''テロメライシン'''(英、'''Telomelysin''')(開発コード:OBP-301)は、[[創薬]][[ベンチャー]]の[[オンコリスバイオファーマ]]株式会社([[東京都]] [[港区_(東京都)|東京都港区]])(社長:[[浦田泰生]])が[[台湾]]のメディジェン([http://www.medigen.com.tw/zh/%e9%a6%96%e9%a0%81/ 基亞生物科技股份有限公司])(Medigen Biotechnology Corp.)と共同で研究開発・製造中の[[腫瘍溶解性ウイルス|腫瘍溶解ウイルス]]療法である<ref name='obp_301'>{{Cite web| url=https://www.oncolys.com/jp/pipeline/telomelysin.html | title=テロメライシン® (OBP-301) - パイプライン | publisher=[[オンコリスバイオファーマ]] | accessdate=2019-12-15}}</ref>。[[悪性腫瘍|がん]]の薬剤のひとつの名前でもあるが、また、他の薬剤の開発にも応用されるその([[特許]]で保護された)原理的な物質ないし治療法(セラピー)をいうこともある。その場合「がんのウイルス療法」ということがある
 
テロメライシンの安全性と有効性を確認する臨床治験は、複数の対象疾患・治療法に対して実施中および準備中である。最先端は[[治験#第II相試験(フェーズ_II)|第II相試験]]実施中<ref name='"obp_301'" />。
[[オンコリスバイオファーマ]]が標榜している「<span style='color: #0088aa;'>'''がんを切らずに治す'''</span>」[[コンセプト]]を実現するための、同社主力[[パイプライン]]<ref>製薬業界において「パイプライン」とは、薬剤の研究開発から販売までの体制を意識した品揃えのことを言う。本数で数えることがある。</ref>である。
 
テロメライシンの安全性と有効性を確認する臨床治験は、複数の対象疾患・治療法に対して実施中および準備中である。最先端は[[治験#第II相試験(フェーズ_II)|第II相試験]]実施中<ref name='obp_301' />。
 
==構造==
テロメライシンがヒトのがん細胞に[[感染]]すると、一日で10万~100万倍に増え、がん細胞を破壊する。一方、テロメライシンは正常細胞にも同様に感染するが、[[テロメラーゼ]][[活性]]がないためウイルスは[[増殖]]せず、正常組織での損傷は少ないと考えられる。
 
[[オンコリスバイオファーマ]]株式会社が米国で実施された、がん患者に対するテロメライシンの[[臨床試験]]において、重篤な[[副作用]]は認められておらず、一部の患者では投与部位での腫瘍縮小効果、また[[リンパ節]]などへの[[転移]]がんにも作用するなどの有効性が認められている。さらに、[[岡山大学病院]]では[[食道がん]]患者に対するテロメライシンと[[放射線]]を併用した[[臨床研究]]が進められている。
 
がんに直接注射して副作用なく効くのはこのようなウイルス製剤だけである。2019年12月13日現在、テロメライシンの試験で、「吐き気」、「神経がピリピリする」、「毛が抜ける」といった副作用は一例も報告されていないという<ref>2018年12月13日{{YouTube|CCLk6Div1cs|投資家説明会ダイジェスト20191213}} 12分30秒から15分08秒。</ref>。
 
== 効果 ==
日本・米国を含む世界24カ国で物質特許を取得済。日本は関西ティー・エル・オー(現社名、[https://www.tlo-kyoto.co.jp/ TLO京都])との共同特許で、他は単独特許<ref>{{Cite web| url=https://www.oncolys.com/jp/company-information/patent.html | title=特許 | publisher=[[オンコリスバイオファーマ]] | accessdate=2019-12-15}}</ref>。
 
また、[[製剤]]改良に関する[[ライセンス]]契約を締結した英[https://www.stabilitech.com/ Stabilitech]社から、安定製剤特許の全世界における[[実施権]]の許諾を受けた<ref>{{Cite web|date=2018-5-23 | url=https://ssl4.eir-parts.net/doc/4588/tdnet/1591525/00.pdf | title=英Stabilitech社とのテロメライシン®製剤改良に関するライセンス契約締結のお知らせ | publisher=[[オンコリスバイオファーマ]] | accessdate=2019-12-15}}</ref>。この製法によれば、テロメライシンは従来の-60℃以下という厳しい[[冷凍]]保存でなく4℃の[[冷蔵]]保存でよくなるため、取扱いを極めて簡便にし、事故を減少し、コストを下げることができる。特許が有効な残り期間も15年から20年伸びることになったという<ref>{{Cite web|date=2018-08-31 | url=https://shikiho.jp/news/8/310647 | title= オンコリスバイオファーマ、上期売上高は0.9億円 第三者割当増資を開始 | publisher=[[会社四季報]] | accessdate=2019-12-16}}</ref>。
 
==開発・製造・販売権==
テロメライシンは、ハンルイ([[:zh:江苏恒瑞医药股份有限公司|江苏恒瑞医药股份有限公司]])と[[中外製薬]]に地域別に開発・製造・販売権導出が成功しされ、開発の進捗とともにマイルストーンをオンコリスバイオファーマが受領している
{{Main|オンコリスバイオファーマ#開発・製造・販売権の導出}}