「フライス盤」の版間の差分

m
→‎歴史: 内部リンク修正
m (→‎歴史: 脚注エラー修正。)
m (→‎歴史: 内部リンク修正)
1857年に[[イギリス]]で[[立フライス盤]]が作られ、[[パリ]]の博物館に保存されている。
 
1860年代には[[万能フライス盤]]が作られ、[[歯車]]や[[ドリル (工具)|ドリル]]の加工ができるようになった。
 
[[カッタ]]は、正式には、[[ミーリングカッタ]]<ref>{{lang-en-short|milling cutters}}</ref>と呼ばれる。[[フェイスミーリングカッタ]]は、[[正面フライス]]や[[フェイスミル]]と呼ばれ、[[サイドミーリング]]は、[[サイドカッター]]とよばれる。