「刑事部」の版間の差分

編集の要約なし
:[[空き巣]]、[[引ったくり]]、[[万引き]]及び[[自転車泥棒]]等の[[窃盗]]を担当する<ref name="髙橋" />。ただし、同じ引ったくりでも被害者が被害品を放さず引きずられて負傷した場合には[[強盗致死傷罪|強盗致死傷事案]]に変わり、一課の担当になる。
;捜査四課
: [[暴力団]]、[[反社会的勢力]]が関わる件を担当する<ref>[https://drive.google.com/file/d/1WKlmIq2o-cvnBGn6QOsCnHu8MGwwwD_A/view?usp=drivesdk]</ref>。2003年に[[警視庁]]は刑事部捜査四課と生活安全部薬物対策課などの部署を統合させる組織改編を行い、「[[組織犯罪対策部]]」を発足させた<ref name="MOOK"> 『警察官という生き方 (洋泉社MOOK) 』洋泉社 2011/4/22 p.p.82-83 ISBN 978-4862487124</ref>。2010年には[[福岡県警察|福岡県警]]が刑事部組織犯罪対策局を部に昇格させる組織改編を行い、暴力団捜査に当たる「[[福岡県警察#暴力団対策部|暴力団対策部]]」を発足させた。暴力団対策専門の部の設置は、警視庁に次いで全国で2例目である<ref> 暴力団対策部が発足 福岡県警380人態勢、全国2例目 西日本新聞2010年1月5日15時7分配信 </ref>。暴力団対策部は、それまで暴力団捜査を担当していた捜査4課など刑事部の局・課を移行し、組織犯罪対策課、暴力団犯罪捜査課、北九州地区暴力団犯罪捜査課、薬物銃器対策課の4課を設置。北九州地区暴力団犯罪捜査課が[[工藤會|指定暴力団工藤會]]の犯罪捜査を担当し、暴力団犯罪捜査課は工藤會を除く県内の暴力団捜査を担当する<ref> 人事:県警 暴対部長に山田氏 来月発足、380人態勢で捜査強化 /福岡 2009年12月23日 毎日新聞</ref>。なお、[[大阪府警察|大阪府警]]や[[愛知県警察|愛知]]、[[神奈川県警察|神奈川]]、[[兵庫県警察|兵庫県警]]などいくつかの道府県警では、「組織犯罪対策本部」や「組織犯罪対策局」という名称で刑事部内の一部門となっている。その他の県警では旧来のまま「捜査第四課」や「暴力団対策課」などの呼び名のままとなっている<ref name="MOOK"/>。
; [[鑑識|鑑識課]]
: 鑑識課は、4つの係に分かれて作業を行っている。「現場係」は、犯行現場に残された[[指紋]]や[[足跡]]などを採取する。「指紋係」は、犯行現場から現場係が採取した指紋から犯人を割り出す作業を行う。「足こん跡(そっこんせき)係」は、現場係が採取した足跡や犯行現場に残された痕跡をもとに、犯行に使われた物を特定する作業を行う。「写真係」で、犯行現場の様子を撮影したり、[[似顔絵#犯罪捜査としての似顔絵|犯人の似顔絵]]などを制作する。また、[[警察犬]]も鑑識課の所属であり、犯行現場によっては警察犬が出動して、証拠品や遺留品から犯人の匂いを嗅ぎ取って追跡捜査を行うこともある<ref>[https://www.homemate-research-police.com/useful/12926_facil_029/ 【パブリネット】証拠品を鑑定する警察の鑑識課]</ref>。[[科学捜査研究所]](科捜研)は全国の都道府県警察本部に付属する機関で、高度な科学技術を以て鑑定を行う。例えば、事件現場に残された[[血液]]などの鑑定、[[毒物]]や[[薬物]]などの鑑定を行う。また、[[銃器]]の鑑定では発射された[[弾丸]]の[[線条痕]]などを調べる。一方、国の機関である[[警察庁]]の付属機関として[[科学警察研究所]](科警研)がある。科警研はもっぱら、科学捜査に関する政策や手法の企画立案を行うが、鑑定も行っている。