「幸福主義」の版間の差分

編集の要約なし
 
'''幸福主義'''(こうふくしゅぎ)とは[[倫理]]の目的が幸福を得ることにあるとする立場。ギリシア哲学の多くはこの立場を取るが中でも[[アリストテレス]]は最高の善は幸福(eudaimonia)であり、良く生き良く行為 することが幸福と同じ意味であるとする。近代においても[[功利主義]]などはこの立場である
[[ストア派]]、[[功利主義]]などはこの立場である。
 
[[カント]]は義務論の立場から幸福主義と対立する倫理学を展開した。善はそれ自体を目的とするものであって何かの手段として行うものではないという。
匿名利用者