「後発医薬品」の版間の差分

編集の要約なし
'''後発医薬品'''(こうはついやくひん)、'''ジェネリック医薬品'''({{Lang-en-short|generic drug, generic medicine}}<ref name="OECD2009" />)とは、先発医薬品の独占的販売期間の終了後に発売される、先発医薬品と同じ有効成分で効能・効果、用法・用量が原則同一であり、先発医薬品に比べて低価格な医薬品である。販売名は、各統一ブランド名称の後ろに剤型と「会社名(屋号)」となっている。
 
'''後発薬'''、'''GE薬'''といった略称で呼ばれることもある。また、先発医薬品の特許権が消滅したときに、後発医薬品がゾロゾロと出てくることから、かつて日本では医療関係者の間で「ゾロ」、「ゾロ品」、「'''ゾロ薬'''」などと称されることもあった<ref group="*"><!--[[ミリオンセラー]]の-->「{{要出典範囲|医者からもらった薬がわかる本」シリーズ(木村繁・医薬制度研究会/著)にも消費者向けに言及されている|date=2018-04-05}}。</ref>。
'''後発薬'''、'''GE薬'''といった略称で呼ばれることもある。
 
== 概要 ==