「ジョン・チャドウィック」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
'''ジョン・チャドウィック'''(John Chadwick, [[1920年]][[5月21日]] - [[1998年]][[11月24日]])はイギリスの[[言語学者]]で、[[マイケル・ヴェントリス]]とともに[[線文字B]]を解読したことで知られる<ref>{{Cite book |和書 |author=ジョン・チャドウィック|translator=大城功 |year=1976 |origdate=1958 |title=線文字Bの解読 |publisher=みすず書房 }}</ref>。
 
[[リッチモンド・アポン・テムズ・ロンドン特別区]]{{lang|en|[[:en:East Sheen|East Sheen]]}}生まれ。[[ケンブリッジ大学]][[コーパス・クリスティ・カレッジ]]で[[言語学]]を学んだ。第二次世界大戦では英海軍に勤務し、イタリア海軍の暗号解読に続き、1944年には日本語学習を命じられ、その後日本海軍がストックホルムやベルリンなどに送る通信文の[[暗号解読]]に関わった。その[[オックスフォード大学]]でラテン語辞典編纂に携わり、ケンブリッジ大学では古典[[文献学]]を研究した。1952年から建築家のマイケル=ヴェントリスとともに線文字Bの解読に取り組み、1953年に発表した。線文字Bが[[ギリシア語|古いギリシア語]]であると直感的に気付いたヴェントリスに対しチャドウィックは初め批判的だったが、まもなくギリシア語説を認め、古典ギリシア語の知識を武器として言語学者としては素人のヴェントリスに助言を与え、とともに研究を進めた。
 
ヴェントリスの事故死(1956年)後も線文字B研究を進め、イギリス学士院会員、ケンブリッジ大学ダーウィンカレッジに所属し、この分野の権威とされた。
34

回編集