「岩倉獄」の版間の差分

 
== 概要 ==
長州藩には[[士分]]([[武士]]階級)の者を収容する上牢である[[野山獄]]と、士分以外の者を収容する下牢である岩倉獄が設けられた。
 
長州藩の大組藩士であった野山六右衛門の屋敷と、同じく大組藩士であった岩倉孫兵衛の屋敷は道路を隔てて向かい合わせであった。[[正保]]2年([[1645年]])9月17日の夜、岩倉孫兵衛が酒に酔って野山六右衛門の屋敷に押し入り、家族を殺傷する事件を起こした。この時、岩倉孫兵衛は野山宅に幽閉され、のちに[[斬首刑|斬首の刑]]に処された。しかし、[[喧嘩両成敗]]により両家は取りつぶしとなり、屋敷が没収され、後に屋敷跡は牢獄に立て替えられた。
匿名利用者