「レグホーン・チキン」の版間の差分

編集の要約なし
(typo)
編集の要約なし
{{For|イタリアの都市|リヴォルノ}}
 
{{short description|Breed of chicken originating in Tuscany, Italy}}
'''レグホーン''' ('''Leghorn''' {{IPAc-en|US|ˈ|l|ɛ|ɡ|h|ɔr|n}} 、 {{IPAc-en|UK|l|ɛ|ˈ|ɡ|ɔr|n}} ; {{Lang-it|'''Livorno'''}}'''リヴォルノ'''または'''Livorneseリヴォルネーゼ''' )は、イタリア中部の[[トスカーナ州|トスカーナ]]で生まれた[[ニワトリ|鶏]]の品種。 鳥は1828年にイタリアの西海岸にあるトスカーナの港湾都市[[リヴォルノ]]から北米に最初に輸出された{{R|agraria}}。 彼らは当初「イタリアン」と呼ばれていたが、1865年までにこの品種は「レボルノ」(Livorno)の伝統的な英語化である「レグホーン」(Leghorn)として知られていた。 この品種は1870年にアメリカからイギリスに導入される{{R|club}}。 ホワイトレグホーンは、世界の多くの国で産卵鶏として一般的に使用されている。 他のレグホーンの品種はあまり一般的ではない。
 
レグホーンの起源は諸説あるが、トスカーナの田舎で生まれた軽い品種に由来すると思われている。名前は、最初の鳥が北アメリカに輸出されたトスカーナの港であるリボルノの伝統的な英語よみレグホーンに由来している。最初の輸出の日付は、1828年{{R|agraria}}、「1830年頃」{{R|crawford}}、1852年とさまざまな説が報告されている{{R|albc}}。当初は「イタリアン」として知られていた。1865年[[ウースター (マサチューセッツ州)|にマサチューセッツ州ウスター]]で「レグホーンズ」と最初に呼ばれた{{R|brown}}。
 
== 特徴 ==
[[ファイル:Brown_Leghorn_henBrown Leghorn hen,_Ohio Ohio.jpg|サムネイルthumb| ブラウンレグホーン編 ]]
リボルノの品種基準が最近のイタリアでは、10種類の色が認められている{{R|agraria}}。 ドイツのレグホーン品種には別のイタリア規格、イタリアーナ( [[ドイツ語]] :イタリア[[ドイツ語|語]] )がある{{R|agraria}}。 Fédérationfrançaisedes volailles(フランス家禽連盟)は、品種を4つのタイプ、アメリカンホワイト、イングリッシュホワイト、古いタイプ(ゴールデンサーモン)、およびモダンタイプに分けており、17のカラーバリエーション、実物大の鳥、14羽はバンタムがリストされている。また、 自動性別の品種であるCream Legbarも認識されている{{R|ffv}}。アメリカ家禽協会とアメリカバンタム協会の両方が、白、赤、黒尾の赤、薄茶色、濃い茶色、黒、バフ、コロンビア、バフコロンビア、バード、シルバーなど、多くのレグホーン品種を認めている。英国では、Leghorn Clubは、ゴールデンダックウィング、シルバーダックウィング、パートリッジ、ブラウン、バフ、エクスチェンジャー、コロンビア、パイル、ホワイト、ブラック、ブルー、まだら、カッコウ、ブルーレッド、ラベンダー、レッド、クレル、バフコロンビアン{{R|club}}18の色を認識している。ほとんどのレグホーンには単一の[[とさか|櫛]]がある。一部の国ではローズコームが許可されているが、イタリアでは許可されていない。脚は明るい黄色で、耳たぶは白{{R|agraria}}。
 
 
== 参考文献 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist|45em|refs=<ref name=agraria>[http://www.agraria.org/polli/livorno.htm Atlante delle razze di Polli - Razze italiane: Livorno] Accessed December 2011. (in Italian) "Atlas of chicken breeds - Italian breeds: Livorno".</ref>
 
 
== 関連項目 ==
 
* [[レグスペ]]