「豊後豊岡駅」の版間の差分

m
→‎歴史: 細部修正
m (→‎歴史: 細部修正)
* [[1911年]]([[明治]]44年)[[7月16日]] - [[鉄道院]]が'''頭成駅'''(かしらなりえき)として開業<ref name="oita-pref-history-modern-2-1986" />。(現位置から約200m亀川駅寄りに開設<ref name="zeneki38"/>。)
* [[1940年]]([[昭和]]15年)[[8月1日]] - 頭成駅から'''豊後豊岡駅'''(ぶんごとよおかえき)に駅名変更し<!--<ref name="pan-trafic-1940-8" />--><ref name="todoroki"/><ref name="kanpo1940"/>、現位置に駅移転<ref name="zeneki38"/>。
* [[1987年]]([[昭和]]62年)
** [[3月9日]] - [[日出駅]] - 当駅間が複線化<ref name="trafic-yearbook-1988">『交通年鑑 昭和63年版』 [[交通協力会]]、1988年3月。</ref><ref name="jnr-privatization-history-15-2000-7-28">運輸政策研究機構 『日本国有鉄道民営化に至る15年』 [[成山堂書店]]、2000年7月28日。ISBN 978-4-425-30181-2</ref>。
** [[4月1日]] - [[国鉄分割民営化]]により九州旅客鉄道が継承が[[山陽新幹線]]以外の九州地区の旅客鉄道業務を継承<ref name="trafic-yearbook-1988" /><ref name="privatization-ntt-jr-1997-8">今村都南雄 『民営化の效果と現実NTTとJR』 [[中央法規出版]]、1997年8月。ISBN 978-4805840863</ref>。
* [[2012年]](平成24年)[[12月1日]] - ICカードSUGOCAの利用を開始<ref>{{Cite news |newspaper=[[交通新聞]] |publisher=[[交通新聞社]] |page=1 |date=2012.12.4 }}</ref>。
* [[2014年]](平成26年)[[7月1日]] - 無人化。<ref name="hijikouhou2016-4"></ref>
* [[2016年]](平成28年)[[4)4月1日]] - 日出駅の簡易委託化に伴い同時に当駅も簡易委託駅として再度有人化(駅員駐在時間は平日7時~13時のみ)<ref name="hijikouhou2016-4"></ref>
 
== 駅構造 ==