「恵良駅」の版間の差分

m
→‎歴史: 細部修正
m (→‎歴史: 細部修正)
* [[1948年]](昭和23年)[[4月1日]] - 宮原線の当駅 - 宝泉寺間の営業が再開される<ref name="地図帳12−45" />。
* [[1984年]](昭和59年)[[12月1日]] - 宮原線廃止<ref name="地図帳12−45" /><ref name="jnr-privatization-history-15-2000-7-28" />。
* [[1987年]]([[昭和]]62年)[[4)4月1日]] - [[国鉄分割民営化]]により九州旅客鉄道が継承が[[山陽新幹線]]以外の九州地区の旅客鉄道業務を継承<ref name="trafic-yearbook-1988">『交通年鑑 昭和63年版』 [[交通協力会]]、1988年3月。</ref><ref name="privatization-ntt-jr-1997-8">今村都南雄 『民営化の效果と現実NTTとJR』 [[中央法規出版]]、1997年8月。ISBN 978-4805840863</ref>。
* [[2014年]](平成26年)1)[[1月18日]] - 棟続きの空き家から火災が発生し、延焼により駅舎焼失<ref name="qbiz_20140118">[http://qbiz.jp/article/30701/1/ JR恵良駅が全焼 大分・九重、無人駅] qBiz 西日本新聞経済電子版、2014年1月18日</ref>。
* [[2015年]](平城27年)[[3月31日]] - 「先哲史料館」を併設した新駅舎が落成<ref name="mainichi-np-2015-4-2">楢原義則(2015年4月2日). “JR久大線恵良駅:酒造風建物で再出発 待合室に史料館併設 九重”. [[毎日新聞]] (毎日新聞社)</ref>。