「曹爽」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
[[239年]](景初3年)に曹叡が病床に伏すと、曹爽は[[大将軍]]の位を賜り、[[司馬懿]]と共に[[猶子]]で皇太子の[[曹芳]](一説では[[曹彰]]の孫)の補佐をすることを命じられた。
 
曹叡が36歳で崩御し曹芳(斉王)が即位すると、曹爽は[[侍中]]の位を与えられ、「剣履上殿」・「入朝不趨」・「謁賛不名」(剣を帯び、靴を履いたまま昇殿し、小走りに走らずともよく、帝に目通りする際は実名を呼ばれない)と言う特権を与えられた。魏は[[曹丕]]以来、皇族などの近親者を政治・軍事両面から遠避ける政策を採ってきた。遠縁の[[曹冏]]([[曹騰]]の従玄孫)はこれを憂慮し、一族を登用して藩塀(国家を守る壁)としての役目を果たさせるべきと意見した。しかし、曹爽はこの意見を採用することはなかった。
 
=== 司馬懿との対立 ===
初め、司馬懿に対しては父親に等しい対応で接していたが、[[何晏]]ら取り巻きの提言で権力を独占しようと画策し、司馬懿を[[太傅]]に祭り上げて、事実上の名誉職に追いやることで、彼の権力を押さえ込もうとした。しかし、司馬懿の軍事的実績が重く、その軍権はそのままだった(曹爽も司馬懿の軍権を保証するため、司馬懿の[[大司馬]]兼任を推挙したが、不吉な先例があったとして却下されている)。一方曹爽の取り巻きは、名声はあるものの実績が乏しかった。そこで、大功を立てようと[[244年]]([[正始 (魏)|正始]]5年)に[[蜀漢]]征伐を試みるが([[興勢の役]])、険しい地形に阻まれて大軍を維持するための補給が滞り、蜀の[[王平]]の頑強な抵抗もあって無惨にも失敗している。また、補給に[[氐]]・[[羌]]族を動員したが、輸送などの事故による犠牲者が少なからず出たため、彼らの不満を高める結果になった。その後、何晏達が政治を壟断したため、魏の政治は乱れることになった。司馬懿はこの状況を憂慮し、また保身のため「自分は高齢である」という理由で、病気と称して引き籠ってしまった。[[246年]]([[正始 (魏)|正始]]7年)に呉の孫権が朱然率いる軍を派遣して柤中に攻め込ませ、曹爽は中央朝廷の大軍の指揮を自ら執り、これを迎え撃した(二度目柤中の戦い)。曹爽の大敗によって犠牲者も数万人以上となり、朱然に大破されたので敗走した。しかし、朱然はこれを見逃さず、柤中を越えて魏軍を追撃し数千余人を斬り、魏軍は大敗を喫した。
 
魏は[[曹丕]](文帝)以来、皇族などの近親者を政治・軍事両面から遠避ける政策を採ってきた。遠縁の[[曹冏]]([[曹騰]]の従玄孫)はこれを憂慮し、一族を登用して藩塀(国家を守る壁)としての役目を果たさせるべきと意見した。しかし、曹爽はこの意見を採用することはなかった。
 
=== 政変と死 ===
1

回編集