「漢学」の版間の差分

加筆、出典追加、otheruses
(加筆、出典追加、otheruses)
{{otheruses|日本の学問|中国清代「漢|考証学|現代中国語の「漢学」|中国学}}
{{Redirect|漢学者|漢学者のリスト|:Category:漢学者}}
'''漢学'''(かんがく)とは、特に[[江戸時代]]の[[日本]]において、[[中国]]伝来の[[学問]]の総称。
なお、現代の[[中国語]]では、「漢学」は「[[中国学]](シノロジ―)」を意味する。
 
[[洋学]]([[蘭学]])・[[国学]]に対して、[[漢籍]]を通して古典的な思想文物を学び、[[漢詩]]文等の作成ができるよう学習する学問の総称。なお、[[清]]朝の学問傾向を引き継いで、[[宋明理学]]に対する伝統的(この意味で王朝名としての「漢」を用いる)な'''[[経学]]'''及びの'''[[考証学]]'''を、清朝における用語にあわせ漢学と呼ぶこともあるが希である。
このような学習が、明治初期まで漢学の重要な分野であった。
===戦前===
[[明治]]初期の[[私塾]]では[[二松学舎]]や[[國學院]]などが数多く存在した。[[明治政府]]が[[西洋]]各国の学問の摂取を進めると、古い[[儒学]]系統の学問は衰えて、代わって西洋の学問研究を取り入れた「[[中国学|支那学]]」として再構築されるようになる。(ただし、「漢学」という語彙自体は明治末期の支那学者も用いた<ref>{{Cite journal|author=陳瑋芬|year=1995|title=「斯文学会」の形成と展開 : 明治期の漢学に関する一考察|url=http://hdl.handle.net/2324/18157|journal=九州大学 中国哲学論集|volume=|page=97|doi=10.15017/18157}}</ref>。)ところが支那学の中心となった学派が[[京都帝国大学]]であった事から、これに反発する[[東京帝国大学]]の学派や、古来日本が文明を取り入れた中国と当時の[[列強]]による[[半植民地]]状態の中国を意図的に分切りを図して考える[[国粋主義者]]の中には、依然として「漢学」という呼称を用いる者があった。1932年には、[[東京大学|東京帝国大学]]教授の[[高田眞治]]らが「漢学会」を設立した<ref>[[宇野精一]]・[[石川忠久]]『書香の家 宇野精一博士米寿記念対談集』明治書院、1997年、p.122</ref>
 
===戦後===
第二次世界大戦後、「支那」という呼称が避けられたことから、「支那学」「漢学」で呼ばれて来た中国関連の学問は、「'''[[中国学]]'''」と呼称されるようになっている。ただし、[[国士舘大学]]漢学会のように戦後も「漢学」を用いる例もある<ref>{{Cite web|title=漢學會/文学部関連学会/研究活動|国士舘大学 文学部|url=http://www.kokushikan.ac.jp/faculty/Letters/research/relation/chinese_classics/|website=国士舘大学|accessdate=2020-10-30|language=ja}}</ref>。なお、[[近代]]以前[[国共内戦漢文]]終結ま)の書かれた[[中国文学]]を専門として研究する場合には、「'''[[漢文学]]'''」という呼称が用いられている。
 
== 出典 ==
<references />
 
==関連項目==