「集中開催」の版間の差分

m
また、様々な要因で短期間にイベントを終わらせる必要がある場合に用いられることがある。
* [[2020年東京オリンピック]]においては、[[2020年東京オリンピックの陸上競技|陸上競技]]のうち[[競歩]]と[[マラソン]]については酷暑を避けるために主会場地区から離れた[[札幌市]]・[[大通公園]]で行うため、競歩3種目と男女マラソンを会期末の4日間で集中開催することになっている<ref>{{Cite news|url=https://www.jiji.com/jc/article?k=2019120400995&g=spo|title=五輪マラソンは午前7時スタート コース決定、持ち越し―競歩と4日間の集中開催|newspaper=時事通信|date=2019-12-04|accessdate=2020-10-29}}</ref>。
* [[2019年コロナウイルス感染症によるスポーツへの影響|新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) による影響]]に伴い、多くの国で移動制限が生じるとともに中断期間が発生したため日程消化足りなくなっ遅れたことから、[[UEFAチャンピオンズリーグ 2019-20|UEFAチャンピオンズリーグ]]は[[UEFAチャンピオンズリーグ 2019-20 決勝トーナメント|決勝トーナメント]]の準々決勝以降を[[ポルトガル]]・[[リスボン]]で<ref>{{Cite news|url=https://www.jiji.com/jc/article?k=2020080400815&g=spo|title=5カ月ぶりCL再開へ 準々決勝以降は集中開催―欧州サッカー|newspaper=時事通信|date=2020-08-04|accessdate=2020-10-29}}</ref>、[[AFCチャンピオンズリーグ2020|AFCチャンピオンズリーグ]]も[[AFCチャンピオンズリーグ2020 グループリーグ|グループステージ]]未消化分と[[AFCチャンピオンズリーグ2020 決勝トーナメント|決勝トーナメント]]を[[カタール]]・[[ドーハ]]と[[アル=ワクラ (都市)|アル=ワクラ]]で、それぞれ集中開催(かつ、決勝トーナメントは1回戦制へ変更)している{{R|goal20200926}}。
 
試合の開催に当たっては、どのチームの本拠地でもない場所で開催されることが多く、お互いの本拠地に移動して2回戦を戦う[[ホーム・アンド・アウェー]]に比べて[[ホームタウンディシジョン]]が生じにくいという点がある一方、開催場所の選定に当たってはそこまでの移動距離にチーム間の有利・不利が生じるという点がある。
*[[ドーハの悲劇]]で知られる[[1994 FIFAワールドカップ・アジア予選|1994 FIFAワールドカップアジア地区最終予選]]は、[[カタール]]での集中開催となった、その位置から西アジアの参加国([[サウジアラビア]]、[[イラク]]、[[イラン]])に有利であって、東アジアの参加国([[韓国]]、[[日本]]、[[朝鮮民主主義人民共和国|北朝鮮]])に不利であるとの批判が当時からあった。その結果、次回大会の[[1998 FIFAワールドカップ・アジア予選|1998 FIFAワールドカップ・アジア最終予選]]では東アジア勢が[[マレーシア]]開催、西アジア勢が[[バーレーン]]開催を主張し、双方とも折り合わずホーム&・アンド・アウェー方式に変更されるという事例が起こっている。
 
[[日本フットサルリーグ]](Fリーグ)では、参加チーム数が少ないため、日程確保の観点から、[[2013-14シーズンのFリーグ|2013-14年度]](この年のみ[[2シーズン制]]・年間4回総当たり)を除き、毎年3回総当たりとしており、創設当初の[[2007-08シーズンのFリーグ|2007-08]]・[[2008-09シーズンのFリーグ|2008-09]]年度は「ホーム&アウェー&セントラル」を各1回ずつこなすという体裁を取っていた。[[2009-10シーズンのFリーグ|2009-10年度]]以後は、基本を「ホーム&アウェー+ホームorアウェー(対戦カードによりホーム2試合)」としながら、年数試合をセントラル開催節としている。なお2013-14年度は4回総当たりのため「ホーム&アウェー×2」を基本としながら、全体の{{分数|1|3}} = 12試合をセントラル節に、3回総当たりに戻した[[2014-15シーズンのFリーグ|2014-15]]年度は6年ぶりに「完全ホーム&アウェー&セントラル1回ずつ」だった。その後[[2015-16シーズンのFリーグ|2015-16]]年度から[[2016-17シーズンのFリーグ|2016-17]]年度までは「ホーム&アウェー+ホームorアウェーorセントラル」としていたが、[[2017-18シーズンのFリーグ|2017-18]]年度から、「ホーム&アウェー&セントラル(12チームが1か所で集中開催するパターン)or6チーム共同開催(6チームずつ×2会場での準セントラル開催)」というスタイルとしている。