「シャドルー」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
『[[ストリートファイターIV]]』(以下『ストIV』と表記)では壊滅したとされていて、アニメーション内で[[リュウ (ストリートファイター)|リュウ]]、[[ケン・マスターズ|ケン]]、[[春麗]]、[[ガイル (ストリートファイター)|ガイル]]、キャミィの5人に一斉に襲い掛かられ、追い詰められたベガが基地もろとも自爆したことが直接的な原因と語られた<ref>『オリジナルアニメーション feat.Cヴァイパー』より。</ref>が、ベガは代替ボディを媒介に復活し、シャドルー残党を率いて再び表舞台に姿を現すことになる。本作ではシャドルーの基地は明らかになっていないが『ストII』に登場したタイの寺院は崩壊したとされている。
 
『[[ストリートファイターV]]』(以下『ストV』と表記)ではシャドルーが最も技術力を持っており、正確な位置は明確でないが緑・青・白の色をベースに作られた本拠地が存在する。地上には飛行場があり最新型の飛行機や戦車、トラックなどが置かれ、シャドルー兵の一部はジェットパックを使って移動している。施設内は青や紫をベースとした研究施設となっており、最深部にはシャドルーの四天王の顔が作られた巨大な石像が置かれている(ストーリーモードでは脱退した四天王の1人サガットの石像もあった事から『ストIV』以前からこの本拠地は存在していたと考えられる)。新四天王の[[ファン (ストリートファイター)|ファン]]が考案した「[[#チェインズ計画グーハウ|チェインズ計画]]」による本格的な世界征服が始められる。また、ゼネラルストーリーでは「SHADALOO CAFETERIA」という場所が登場する。
 
『[[ストリートファイターIII]]』ではベガとともに健在とされているが<ref name="FanBook">ゲーメストムック『ストリートファイターIII ファンブック』のオフィシャル回答より。</ref>、一方で『ストリートファイターIII 3rd STRIKE』の春麗のストーリー中ですでに春麗の手(脚)によって壊滅させられているとも言われている。またシャドルーの活動は[[ギル (ストリートファイター)|ギル]]の組織により、ベガさえ気づかない大きな力によって利用されたり、コントロールされている<ref name="FanBook"/>。
その中で、「'''グーハウの牙'''」と呼ばれた毒手使いの男・F.A.N.G(ファン)もその幹部の1人であり、同僚の幹部たちからも恐れられていた。ある日、ベガに臣従を示すために来たと欺いてシャドルー本部に集結したグーハウの面々はベガ暗殺を試みるが、彼らの毒手技はベガには通用せずグーハウは殲滅する。唯一生き延びたファンはベガとの激闘の最中、やがて彼の実力に目を引かれ忠誠を誓う(ベガからは「忠誠など不要」と言われている)。そして四天王として新たに加わり如何なる任務を達成させようとする。
 
==; チェインズ計画 ==
:『ストV』でファンが指揮官を務める計画。
:世界中の[[ハッカー]]を誘拐し巨大な球体「通称:黒い月」を作らせた。黒い月は上空で強力な衝撃波と電磁パルスを放ち一定の地域を壊滅においやれる。これにより、人々は恐怖と悲しみという「負の感情」を作り、それをサイコパワーの糧とする。
 
:この「黒い月」の破壊力はシャドルー自身にも脅威になりかねないため、制御キーを作らせることで最悪の事態を防いだ。しかし研究員の1人が制御キーを世界中の名のある格闘家に送りつけチェインズ計画のスタートが遅れることになる。神月かりんとヘレン、それぞれが別々のチームだが同じ目的で動き「黒い月」の機能を停止させることに成功した。
世界中の[[ハッカー]]を誘拐し巨大な球体「通称:黒い月」を作らせた。黒い月は上空で強力な衝撃波と電磁パルスを放ち一定の地域を壊滅においやれる。これにより、人々は恐怖と悲しみという「負の感情」を作り、それをサイコパワーの糧とする。
:抜け目のないファンは「黒い月」の機能が停止した時の事を想定し、「黒い月」の重力装置をも停止させ地上に落下させ半径数10メートルにまで被害を与える「ディセントプログラム」を用意させていた。
 
:黒い月は全部で7つあり、作中ではアメリカ、ニューヨーク上空の一つのみが使用された。
この「黒い月」の破壊力はシャドルー自身にも脅威になりかねないため、制御キーを作らせることで最悪の事態を防いだ。しかし研究員の1人が制御キーを世界中の名のある格闘家に送りつけチェインズ計画のスタートが遅れることになる。神月かりんとヘレン、それぞれが別々のチームだが同じ目的で動き「黒い月」の機能を停止させることに成功した。
:最終的にこの計画は阻止されベガの消滅と共に基地は爆破、シャドルーは完全に壊滅した。
 
抜け目のないファンは「黒い月」の機能が停止した時の事を想定し、「黒い月」の重力装置をも停止させ地上に落下させ半径数10メートルにまで被害を与える「ディセントプログラム」を用意させていた。
 
黒い月は全部で7つあり、作中ではアメリカ、ニューヨーク上空の一つのみが使用された。
 
最終的にこの計画は阻止されベガの消滅と共に基地は爆破、シャドルーは完全に壊滅した。
 
== 所属メンバー ==