「北海製鉄」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
== 概要 ==
[[北海道]][[室蘭市]]にある[[製鉄所|銑鋼一貫製鉄所]]である室蘭製鐵所のうち、[[銑鉄]]の製造工程(製銑工程)を新日鉄から分離するために設立された鉄鋼メーカーであった。[[鉄鉱石]]と[[コークス]]を原料として半製品である銑鉄を製造する装置の[[高炉]]と、コークスを製造するための[[コークス炉]]などを保有する。[[1994年]](平成6年)3月末に発足し、同年4月に営業を開始したが、[[2020年]]に製銑機能が再び日本製鉄に戻されて以降は同設備の保有などを担う
 
製品には、室蘭製鐵所の[[製鋼]]工程へ送られる銑鉄の他、コークス炉から回収される[[硫酸アンモニウム]](硫安)・[[コールタール]]・タール軽油といった[[化成品]]があった
 
筆頭[[株主]]は日本製鉄で、同社が[[資本金]]の80%を出資する。残りの20%は、室蘭製鐵所構内に製造拠点([[三菱製鋼室蘭特殊鋼]]室蘭製作所)を持つ[[三菱製鋼]]が出資する。
439

回編集