「片岡仁左衛門 (13代目)」の版間の差分

m
妻は講釈師・[[一龍斎貞山#5代目|錦城斎典山]]の娘で、[[花柳壽楽 (2代目)|2代目花柳壽楽]]は義兄にあたる。
 
戦前から長唄三味線の[[杵屋栄二]]とともに古典芸能界の[[鉄道ファン|鉄道愛好家]]としても有名で、[[鉄道友の会]]の理事や名誉会長も勤め、[[ブルーリボン賞 (鉄道)|ブルーリボン賞]]叙与式、[[大阪市電]]最終運転日など関西での鉄道関係のセレモニーには来賓としてしばしば顔を出した。ただし、[[新幹線]]のような超高速列車には批判的で、「新幹線ができてから、旅に風情がなくなった」と嘆いていたが、それでも1964年10月1日の東海道新幹線開業日には、新大阪駅発東京駅行の一番列車「ひかり2号」に乗車し、車内で各マスコミから取材を受けた実績もある。<!--古典芸能界の鉄道愛好家として、長唄の[[杵屋栄二]]と並び称される存在だった。-->
 
学究肌で文才もあり、著書多数がある。芸談や歌舞伎関係の貴重な資料も多く残した。