「女神橋」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
[[横浜みなとみらい21]]地区の[[横浜国際平和会議場]](パシフィコ横浜、18街区)付近と[[新港 (横浜市)#緑地整備|カップヌードルミュージアムパーク]](新港10街区)の間の海沿いに架かり、100mほど上流の[[臨港幹線道路]](国際大通り)の国際橋に代わって[[大岡川 (神奈川県)|大岡川]]の最も下流の橋梁となる。本橋を介し、[[臨港パーク]]方面と[[横浜ハンマーヘッド]]・[[横浜赤レンガ倉庫]]方面を結ぶ歩行者動線が構築される。総工費は4億円で、国費と市債各1億7500万円、横浜市の一般財源5千万円が投じられる(後述の追加工事費含まず)<ref name="kana20200401"/>。
 
[[2020年]]3月、[[横浜港]][[運河パーク]]を拠点とする[[シャイニークルーズ]]の観光船が、[[潮位]]によっては女神橋下を航行できないことがらかになった女神橋は、国際橋の橋桁に記載された「桁下3.5m」の表記に合わせて[[桁下高]]3.5mで発注されたが、国際橋の実際の桁下高は4.2mあり、女神橋の設計にあたって国際橋の実測は行われなかった<ref>{{Cite news |title=新設デッキ低すぎた? MM21地区、観光船くぐれず混乱|newspaper=[[神奈川新聞]]カナロコ|date=2020-03-24|url=https://www.kanaloco.jp/article/entry-307366.html|accessdate=2020-04-10}}</ref><ref>{{Cite news |title=「桁下空間を確保」と明記も・・・「船舶運航に支障」と市|newspaper=[[神奈川新聞]]カナロコ|date=2020-03-31|url=https://www.kanaloco.jp/article/entry-314653.html|accessdate=2020-06-25}}</ref>。横浜市港湾局では、橋桁を60cm[[ジャッキ|ジャッキアップ]]して、国際橋と同等の4.2mの桁下高を確保する追加工事を行う<ref name="xtech20200403">{{Cite web |date=2020-04-03|url=https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00142/00684/|title=橋が低すぎて観光船くぐれない、60cmジャッキアップ|publisher=[[日経BP|日経xTECH]]|accessdate=2020-04-10}}</ref><ref name="kana20200401">{{Cite news |title=船が通れぬ低い橋、かさ上げへ 横浜市が追加発注|newspaper=[[神奈川新聞]]カナロコ|date=2020-04-01|url=https://www.kanaloco.jp/article/entry-316010.html|accessdate=2020-04-10}}</ref>。当初は同年7月末の開通を予定していた<ref name="kana20200401"/>が、これにより大幅に遅れることとなり同年10月時点では12月末の開通(供用開始)を目指してい予定する<ref name="kana20201006">{{Cite news |title=低すぎた「女神橋」工事再開 みなとみらい、12月供用へ|newspaper=[[神奈川新聞]]カナロコ|date=2020-10-06|url=https://www.kanaloco.jp/news/social/article-258787.html|accessdate=2020-10-16}}</ref>。
 
== 橋梁名 ==
422

回編集