「ゲイブリエル・キッド」の版間の差分

二重括弧解消のため
編集の要約なし
(二重括弧解消のため)
11歳で[[レスリング]]を始め、15歳か16歳の頃にプロレスラーを志す<ref name="talksport">{{cite web|url=https://talksport.com/sport/wrestling/750585/gabriel-kidd-njpw-minoru-suzuki/|title=YOUNG BULL NJPW star Gabriel Kidd Q&A: Training LA Dojo, working with Minoru Suzuki and his journey from the UK to Japan|work=talkSPORT|accessdate=2020-10-4}}</ref>。
 
[[2017年]][[4月29日]]、ホワット・カルチャー・プロレスリング(What<ref>What Culture Pro Wrestling、略称WCPW。その後ディファイアント・レスリング(Defiant Wrestling)と改称。</ref>のタイトルの一つであり、[[コーディ・ローデス]]が保持する'''WCPW Internet Championship'''に{{仮リンク|ジョー・ヘンドリー|en|Joe_Hendry_(wrestler)}}とともに[[トリプルスレットマッチ]]形式で挑戦。コーディから[[フォール技#スモール・パッケージ・ホールド|スモール・パッケージ・ホールド]]で直接ピンフォールを奪い、新王者となった。<ref>{{cite web|url=https://www.youtube.com/watch?v=IVEw8OIoxfQ|title=Cody Rhodes vs Joe Hendry vs Gabriel Kidd - Internet Title (No Regrets 2017)|work=Defiant Wrestling 公式YouTubeチャンネル|accessdate=2020-10-4}}</ref>
 
その後、同王座戦で挑戦者として[[ザック・セイバー・ジュニア|ザック・セイバーJr.]]、{{仮リンク|ケニー・ウィリアムズ|en|Kenny_Williams_(wrestler)}}、{{仮リンク|ザック・ギブソン|en|Zack_Gibson}}、{{仮リンク|シャ・サミュエルズ|en|Sha Samuels}}、{{仮リンク|ジョー・コフィー|en|Joe_Coffey_(wrestler)}}、{{仮リンク|トラヴィス・バンクス|en|Travis Banks}}らを相次いで迎えたが、防衛を続けた<ref name="defiantprof"/>。<br>
== 関連項目 ==
* [[ヤングライオン]]
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
 
== 外部リンク ==
* {{instagram|gabrielkidd_}}
* {{facebook|wrestlinggabe}}
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
 
{{Martialart-stub}}