「自作パソコン」の版間の差分

くどめの表現を削ったり、他色々
(くどめの表現を削ったり、他色々)
 
== 概説 ==
自作パソコンとは、ユーザー自身がパソコン用の部品([[マザーボード]]、[[CPU]]、[[Dynamic Random Access Memory|メモリ]]、[[ATX電源|電源]]、[[ハードディスクドライブ|ハードディスク]]や[[ソリッドステートドライブ|ソリッドステートドライブ(SSD)]]、[[光学ドライブ]]、各種[[拡張カード]]、それらをおさめるケースなど)を自身で調達し、組み立てた物のことである。
 
「自作パソコン」という用語・概念は、主に大手コンピューターメーカーや[[電機メーカー]]などによって[[製造]]されたメーカーブランドのパソコン、組み立て済みの状態で[[販売]]されているパソコンと対比する意味で用いられる。
 
自作パソコンにはユーザ自身の好みで[[仕様]](スペック)を決められる一旦使い始めた後でも)個々の部品ごとに好みで「アップグレード」できる(さらに高性能・高機能な部品に交換できる)などの[[メリット]]がある<ref name="binary" />。
 
かつてはメーカー製パソコンより自作パソコンのほうが安かったが、現在では[[通信販売|ネット通販]]で[[直接販売]]されるパソコン(特に[[デル]]社などによって広められ、その後に他社も模倣・追随した製造・販売方法)や、パソコン販売店独自のブランド(ショップブランド)などが広まって、[[価格]]面でのメリットはほとんどなくなった<ref>IT用語辞典 e-words「自作パソコン」。http://sp.e-words.jp/</ref>。自作パソコンが世に広まったのはパソコンに占める[[IBM-PC互換機]]のシェアが大きくなり、それの部品が広く、安く出回るようになったことによるところが大きい。
汎用規格品のみで製作できる中型以上のパソコンは(1)の方法が取られる。一部に専用部品を使って小型化したパソコンは(2)の方法が取られることが多い。[[ノートパソコン]]を作る場合は(2)の方法のみである{{要出典|date=2012年10月}}(ノート用汎用部品が販売されていないため)。
 
1いち[[ユニバーサル基板]]に部品を自ら半田付けしたり、パターン設計から行うことや、[[マイコン|マイコンキット]]として用意されたパーツを自ら半田付けするような作業は「自作パソコン」には普通要求されない。
 
== 自作パソコンの長短 ==
* 故障時にはパーツを単体で修理に出すことができ、代替パーツがあればパソコンの使用不能期間を短縮できる。しかし、場合によってはパーツを修理に出すより買い替えた方がかえって安上がりになることもある。
* 後方[[互換性]]のあるパーツは、年数がたっても流用しやすい。2台目以降の自作PCで[https://artjuku.com/pc-make/ 他のパーツを流用]して、安価におさえることも可能。
*AMD製CPU Ryzenの性能が上がり、長らく独占状態にあったIntel製CPUの市場シェアを大きく奪った<ref>{{Cite web|title=AMDのシェアが約13年ぶりに22.4%まで回復。ノート向けは歴代最高|url=https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1287195.html|website=PC Watch|date=2020-11-05|accessdate=2020-11-06|language=ja|last=株式会社インプレス}}</ref>。それにより[https://artjuku.com/pc-make/ 5~10万円の安価帯でも高性能な自作PC]を作れるようになった。
 
=== 短所 ===
自作の場合は、故障やトラブルが発生した場合に自分自身の力で問題の原因を突き止めて解決する必要が生じるため、製作するときには注意が必要。
* 自分で組み立て、自分で[[Basic Input/Output System|BIOS]]を設定し、自分でOSやデバイスドライバ、各種ソフトウェアをインストールおよび設定する労力が発生する。取り付けられるパーツの組み合わせを理解するため、規格や互換性の知識を事前に習得しておく必要がある。
* 自作の場合、組み立てたパソコンについての動作保証はなく、パーツ同士の[[相性]]や組み立てミスなどでパソコンが正常に起動・動作しない場合がある。パーツ単位ではメーカー・輸入代理店毎、あるいは販売店による動作保証はあるが、これはあくまでもパーツ単体が異常、故障なく正常動作することを保証するだけであり、いわゆるパーツ同士の相性保証までは含まれない。
* また、あるパーツが故障し、そこからの異常電流等が他のパーツに流れる事により、それらに故障や損傷が波及した場合には、故障原因の立証が難しいために故障パーツ全てを自費交換する必要がある。これには、組み立てミスや、ホコリ・サビ等が原因の端子接触不良から起因し、複数のパーツが故障した場合にも当てはまる。
; [[CPU]](図中3)
: パソコンの性能を決定付ける部品の一つ。大抵は[[CPUソケット|CPUのソケット]]が適合するマザーボードを選ぶこととなる<ref group="注釈">CPUのアップグレードの自由度が高い(サポートする上位CPUの数が多い)マザーボードを選ぶとよい。</ref>。基本的には[[アドバンスト・マイクロ・デバイセズ|AMD]]系と[[インテル]]系で選択することになる。それ以外にはマイナーだが[[VIA Technologies|VIA]]系がある。[[Intel Atom]]を搭載したマザーボードのように、CPUがマザーボードにオンボードで搭載されている場合もある。
: 省電力モデルなどの一部を除き、CPU自身の発熱を抑えるためのクーラーが必要であり、クーラーがないと自らの発熱で破損してしまう。パッケージング販売されている[[リテール品]]のCPUには純正の[[CPUの冷却装置|冷却ファン]](リテールファン)が付属する。バルク品やアウトレ中古、オーバークロト品ク前提の高性能モデルには付属していなことが多いあるため、別途購入する必要がある。
: 性能面で見るべき点は、内蔵グラフィック搭載の有無、マイクロアーキテクチャと動作[[クロック]]周波[[キャッシュメモリ]]の容量[[コア]]数<ref group="注釈">[[ハードウェアマルチスレッディング]]を搭載している場合、仮想的に「実コア数×2」個のコアがあるような動作をする。</ref>などである。
: マザーボードとの関係で見るべき点はCPUのソケット規格である。特にソケット規格が異なると、物理的に装着すらできない。また、チップセットとの適合性や、マザーボード自体のCPUサポートも重要である。マザーボードについては、当初はサポートがない新製品のCPUでも、チップセットが対応可能な場合にはマザーボードのメーカーがBIOSの更新によって対応させることが多い。他方で、たとえソケットが適合しチップセットのハードウェア的対応が可能でも、マザーボードのメーカーによるBIOS更新などのサポートがなければCPUは動作保証されず、正常動作しない可能性や、最悪の場合BIOS画面すら到達できないこともある。またBIOSが提供されていても更新しないままCPUを入れ替えても同様のケースが発生する。よってBIOSを更新する場合はCPUの入れ替え前に行う<ref>[http://www.tekwind.co.jp/faq/entry_32.php BIOSアップデート手順|テックウインド株式会社]</ref>。購入店にてBIOSのアップデートをサービスとして行っている場合もある。<ref>購入したマザーボード現物のBIOSバージョンを確認する必要があるが多くは初期バージョンのBIOSであり、初期バージョンで対応していないCPUとセットで購入してもアップデートができないためそのままでは使用できない。</ref>
: [[CPUソケット]]の[[LGA775]]以降は、受け側に1mm程度未満の微細な針細工状の端子が採用されており、ソケット保護具ほか微小な部品の接触や落下により極めて容易に変形してしまうのでCPUの取付け・取外しには細心の注意を要する。
; [[Dynamic Random Access Memory|メモリ]](図中4)