「陶邑窯跡群」の版間の差分

見出しの追加
m (大阪府立泉北考古資料館改名にともなうリンク修正)
(見出しの追加)
陶邑の名称は、[[崇神天皇]]の時、[[倭迹迹日百襲媛命]]が[[神懸り]]して受けた[[託宣]]により茅渟県の陶邑において[[大田田根子]]を探し出し、[[大和]][[三輪山]]の神、[[大物主]]を祭る[[神主]](三輪山の麓にある[[大神神社]]の始まりとされる。実は大田田根子は、大物主が人間の娘、生玉依媛のもとに通って産ませた隠し子であったとする)とし、それまで続いていた疫病や災害を鎮めたとする[[日本書紀]]の記述に基づく。この窯業生産地全体を指す呼称ではないのはもちろん、同時代にそのように呼称されていたのではない、後世つけられた呼称であるのは言うまでもない。
 
==陶邑窯跡群の発見から現在まで==
==初期須恵器窯と畿内政権(ヤマト王権)==
なお遺跡全体の規模としては陶邑上記の丘陵地帯に1000ヶ所前後もの跡が点在したとされるが、その多くは、[[1960年代]]以降、[[泉北ニュータウン]]等の建設で破壊された。しかし、400ヶ所以上もの窯跡が発掘調査され、その出土資料は全国各地で出土する、古墳時代から古代にかけての須恵器の年代を推定するため[[編年]]の基準となっている(陶邑編年)。なお、出土資料の一部は泉北ニュータウン内にある[[大阪府立泉北考古資料館]]に収蔵、展示されていたが、後進の堺市立泉北すえむら資料館が[[2016年]](平成28年)9月30日に閉館したため<ref>堺市「[https://www.city.sakai.lg.jp/kanko/rekishi/bunkazai/bunkazai/oshirase/suemura_heikan.html 堺市立泉北すえむら資料館は閉館いたしました]」、2020年3月閲覧。</ref>、[[堺市博物館]]で保管されている。
[[1991年]]([[平成]]3年)、陶邑窯北部に位置する堺市大庭寺遺跡の[[発掘調査]]により、古墳時代の集落の[[遺構]]等とともに明らかにされたTG232号窯およびTG231号窯からは朝鮮半島の陶質土器の影響が色濃い初期須恵器が大量に出土している。また、そこから1[[キロメートル|キロ]]余り西の地点で先の2つの窯跡よりやや遅れる段階に操業を開始したと思われるON231号窯が発掘され、ここからも大量の初期須恵器が出土している。さらにここから2キロ西に離れた和泉市内において[[1966年]]([[昭和]]41年)に調査されながら、[[1999年]](平成11年)に正報告がなされた濁り池須恵器窯もTG232窯にすぐ後続する段階のものであり、須恵器生産の最古の段階(4世紀末 - 5世紀初頭)から陶邑で、かなりの規模の生産が継続的に行なわれていたことを示している。これらの初期の窯跡は陶邑でも北部の平野部に近い場所にあり、丘陵の入口部から須恵器窯としての開発が始められ、時期が下るとともに丘陵の奥に窯が設けられるようになっていったようである。
 
== 陶邑編年 ==
なお、当古窯跡群の北方数キロには[[5世紀]]に造営された[[大仙陵古墳]]を始めとする[[百舌鳥古墳群]]が展開しており、陶邑窯の創設当初、巨大古墳群の造営主体である初期畿内政権([[ヤマト王権]])中枢と直接の関わりがあったことが想定されている。こうして、5世紀以降、時期ごとに営まれた窯の数の増減はあるものの[[平安時代]]まで日本最大級の窯業生産地として栄えた。我国の窯業生産発祥地の1つと言える。
遺跡全体の規模としては、上記の丘陵地帯に1000ヶ所前後もの窯跡が点在したとされるが、その多くは、[[1960年代]]以降、[[泉北ニュータウン]]等の建設で破壊された。しかし、400ヶ所以上もの窯跡が発掘調査され、その出土資料は全国各地で出土する、古墳時代から古代にかけての須恵器の年代を推定するための[[編年]]の基準となっている(陶邑編年)。陶邑窯跡群出土須恵器による編年は、1958年(昭和33年)に[[森浩一]]によって初めて提示され<ref>森(1958)</ref>、その後[[田辺昭三]]<ref>田辺(1966)</ref><ref>田辺(1981)</ref>、[[中村浩 (考古学者)|中村浩]]<ref>中村(1978)『陶邑Ⅲ』</ref>など多くの研究者の発掘調査と研究によって、より精緻な編年案を提示して構築されたいる<ref>[[大阪府立近つ飛鳥博物館]](2006)『年代のものさし-陶邑の須恵器-』pp.60-65、pp.74-77</ref>。
 
==遺跡の全貌と陶邑= 森浩一による編年 ===
遺跡全体の規模としては、上記の丘陵地帯に1000ヶ所前後もの窯跡が点在したとされるが、その多くは、[[1960年代]]以降、[[泉北ニュータウン]]等の建設で破壊された。しかし、400ヶ所以上もの窯跡が発掘調査され、その出土資料は全国各地で出土する、古墳時代から古代にかけての須恵器の年代を推定するための[[編年]]の基準となっている(陶邑編年)。陶邑窯出土須恵器による編年は、1958年(昭和33年)に[[森浩一]]により示され<ref>森(1958)</ref>、その後[[田辺昭三]]<ref>田辺(1966)</ref><ref>田辺(1981)</ref>、[[中村浩 (考古学者)|中村浩]]<ref>中村(1978)『陶邑Ⅲ』</ref>など多くの研究者の発掘調査と研究によって、より精緻な編年案として構築された<ref>[[大阪府立近つ飛鳥博物館]](2006)『年代のものさし-陶邑の須恵器-』pp.60-65、pp.74-77</ref>。
 
=== 田辺昭三による編年 ===
専門書などではしばしば、「TK73型式の須恵器が出土した」とか、「MT15型式」とかあるいは、「TG232号窯と同時期」といった記述がみられる。これは陶邑窯の調査が始まった時期に窯跡群が分布する丘陵地が地形的に、いくつかの小河川によって区分されていることから、調査の便宜上、「陶器山地区(略称MT)」、「高蔵寺地区(略称TK)」、「栂地区(略称TG)」、「光明池地区(略称KM)」、「大野池地区(略称ON)」、「谷山池地区(略称TN)」という地区名を与えて、その地区ごとに窯址の番号を付け、「TK73号窯」、「MT15号窯」などと呼称し、この窯跡の略称が須恵器の時期ごとの[[型式学的研究法|型式]]名にも使用されたことに由来するものである(一般には田辺昭三や中村浩によるⅠ-Ⅴ期の型式区分が用いられる事が多い<ref>大阪府立近つ飛鳥博物館(2006)『年代のものさし-邑の須恵-』pp.60-65、pp.74-77</ref>)。山(MT)→'''M'''ount '''T'''oki
 
高蔵寺(TK)→'''T'''a'''k'''akura-dera
 
栂(TG)→'''T'''o'''g'''a
 
光明池(KM)→'''K'''o'''m'''yo-ike
 
谷山池(TN)→'''T'''a'''n'''iyama-ike
 
※狭山池(SY/SI)→'''S'''a'''y'''ama-ike/'''S'''ayama-'''i'''ke
 
※富蔵(TM)→'''T'''o'''m'''ikura
 
 
</ref>、その地区ごとに窯址の番号を付け、「TK73号窯」、「MT15号窯」などと呼称し、この窯跡の略称が須恵器の時期ごとの[[型式学的研究法|型式]]名にも使用されたことに由来するものである(一般には田辺昭三や中村浩によるⅠ-Ⅴ期の型式区分が用いられる事が多い<ref>大阪府立近つ飛鳥博物館(2006)『年代のものさし-陶邑の須恵器-』pp.60-65、pp.74-77</ref>)。
 
例えばTG232号窯(この窯が発見された堺市大庭寺遺跡は地形的に陶邑窯の栂地区に属する)は現時点では陶邑窯最古段階または揺籃期(Ⅰ期1段階前期)の4世紀末前後、TK73とTK216はそれに後続するⅠ期1段階後期とし、5世紀初頭、その後にTK208、TK23、TK47と5世紀末前後まで変遷し、Ⅱ期ではMT15、TK10、TK43、TK209という順に6世紀代を推移して行ったと考えられている。
 
ところで、窯址の呼名として、そのそれぞれに、「高蔵寺○号窯(TK○)」、「陶器山○号窯(MT○)」といった正式名称があるのにもかかわらず、ローマ字表記の略称が優先して使用されていることには批判がある。こういったローマ字表記の略称は本来、研究機関内の出土[[遺物]]の整理作業などの効率をはかる便宜のためのものにすぎず、正式名称に取って代わって使用されるべきではないという意見である<ref>山田(1998)pp.11-12</ref>。しかしながら、このローマ字表記の呼称は1966年(昭和41年)刊行の平安高校(現[[龍谷大学付属平安中学校・高等学校]])考古学クラブによる陶邑窯の初期の調査報告書などに於いて既に使用されており、学界においてはこのローマ字表記の呼称はすっかり定着してしまった観はある(先述の陶邑窯出土の須恵器の編年の大筋もこの報告書のなかで既に示されており、高校のクラブ活動が残した偉業の1つと言える)<ref>田辺、平安学園考古学クラブ(1966)pp.11-79</ref>。また、この際に行った発掘調査で出土した遺物は、現在も龍谷大平安高校が保管している
 
=== 中村浩による編年 ===
なお、陶邑窯の編年の基準となった出土資料の一部は泉北ニュータウン内にある[[大阪府立泉北考古資料館]]に収蔵、展示されていたが、後進の堺市立泉北すえむら資料館が[[2016年]](平成28年)9月30日に閉館したため<ref>堺市「[https://www.city.sakai.lg.jp/kanko/rekishi/bunkazai/bunkazai/oshirase/suemura_heikan.html 堺市立泉北すえむら資料館は閉館いたしました]」、2020年3月閲覧。</ref>、[[堺市博物館]]で保管されている。
 
==初期須恵器窯と畿内政権(ヤマト王権)==
[[1991年]]([[平成]]3年)、陶邑窯北部に位置する堺市大庭寺遺跡の[[発掘調査]]により、古墳時代の集落の[[遺構]]等とともに明らかにされたTG232号窯およびTG231号窯からは朝鮮半島の陶質土器の影響が色濃い初期須恵器が大量に出土している。また、そこから1[[キロメートル|キロ]]余り西の地点で先の2つの窯跡よりやや遅れる段階に操業を開始したと思われるON231号窯が発掘され、ここからも大量の初期須恵器が出土している。さらにここから2キロ西に離れた和泉市内において[[1966年]]([[昭和]]41年)に調査されながら、[[1999年]](平成11年)に正報告がなされた濁り池須恵器窯もTG232窯にすぐ後続する段階のものであり、須恵器生産の最古の段階(4世紀末 - 5世紀初頭)から陶邑で、かなりの規模の生産が継続的に行なわれていたことを示している。これらの初期の窯跡は陶邑でも北部の平野部に近い場所にあり、丘陵の入口部から須恵器窯としての開発が始められ、時期が下るとともに丘陵の奥に窯が設けられるようになっていったようである。
 
なお、当古窯跡群の北方数キロには[[5世紀]]に造営された[[大仙陵古墳]]を始めとする[[百舌鳥古墳群]]が展開しており、陶邑窯の創設当初、巨大古墳群の造営主体である初期畿内政権([[ヤマト王権]])中枢と直接の関わりがあったことが想定されている。こうして、5世紀以降、時期ごとに営まれた窯の数の増減はあるものの[[平安時代]]まで日本最大級の窯業生産地として栄えた。我国の窯業生産発祥地の1つと言える。
 
==陶邑窯の衰退==