「武州 (甘粛省)」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''武州'''(ぶしゅう)は、[[中国]]にかつて存在した[[州]]。[[南北朝時代 (中国)|南北朝時代]]から[[唐|唐代]]にかけて、現在の[[甘粛省]][[隴南市]]南部に設置された
 
== 魏晋南北朝時代 ==
[[西魏]]の[[廃帝 (西魏)|廃帝]]の時期にとき、武州が設置された。
 
== 隋代 ==
[[隋|隋代]]が成立すると当には、武州は2郡4県を管轄した。[[583年]]([[開皇]]3年)、隋が郡制を廃すると、武州の属郡は廃止された。[[605年]]([[大業]]元年)、[[文州]]が廃止され、武州に統合された後は4郡7県を管轄した。[[607年]](大業3年)、郡制施行伴い'''州が廃止されて郡が置かれると、武州は[[武都郡''']]と改称され、下部に7県を管轄した<ref>『[[隋書]]』地理志上</ref>。隋代の行政区分に関しては下表を参照。
 
{| align=center class="wikitable" style="width:600px; text-align:center"
|}
 
== 関連項目唐代 ==
[[618年]]([[武徳]]元年)、唐により武都郡は武州と改められた。[[742年]]([[天宝 (唐)|天宝]]元年)、武州は武都郡と改称された。[[758年]]([[乾元 (唐)|乾元]]元年)、武都郡は武州の称にもどされた。武州は[[隴右道]]に属し、将利・覆津・盤堤の3県を管轄した<ref>『[[旧唐書]]』地理志三</ref>。[[安史の乱]]のとき、武州は[[吐蕃]]に占領されて廃止された。[[767年]]([[大暦]]2年)、行武州として再び設置された。[[咸通]]年間に唐が武州の故地を奪回した。[[892年]]([[景福 (唐)|景福]]元年)、武州は[[階州]]と改められた<ref>『[[新唐書]]』地理志四</ref>。
*[[武州]] - 中国にかつて存在した同名の州
 
*[[文州]]
== 脚注 ==
<references />
 
{{隋朝の行政区分}}
{{唐朝の行政区分}}
 
{{Chinese-history-stub}}
{{DEFAULTSORT:ふしゆう}}
[[Category:かつて存在した中国の州]]
[[Category:隋朝の州]]
[[Category:唐朝の行政区分]]
[[Category:甘粛省の歴史]]