「高桑大将軍」の版間の差分

編集の要約なし
[[承久の乱]](承久3年 西暦1221年)は6月5日夜、大井戸(現在の岐阜県可児市)で始まった。
 
京方東山道軍の大将である[[大内惟信]]と共に朝廷から大将軍に任命された高桑大将軍、高桑大将軍の次男である高桑次郎と共に高桑武士団を結成し、約2000騎を引き連れて幕府軍と戦った。木曽川には当時、複数の浅瀬があり、京方軍はそれらの浅瀬に軍勢を引き連れ木曽川の浅瀬で幕府軍を迎え撃つ構えをとる。
 
高桑大将軍、高桑次郎、又、高桑武士団は、戦国時代とは異なり、「高桑」である一族の姓名を大書した織旗を当時は自陣に押立てていた。
 
=== 高桑次郎、謀反事件 ===
高桑大将軍の次男である高桑次郎は[[藤原定家]]の日記「[[明月記]]」によると、嘉禄2年(1226年)の項に「美濃の人、高桑次郎が鎌倉幕府・北条政権に対する謀反人として、京都、[[六波羅探題]]に捕らえられる。」という」明記がある。
 
その際、高桑次郎は首領として、高桑城より実に300人の将兵を率いて[[六波羅探題]]を襲ったという。
 
この謀反事件は、[[承久の乱]]の僅か6年後に起きている。この乱の幕府側主導者であった第二代執権 [[北条義時]]はこの事件の前々年に死去(62歳)。[[北条政子]](69歳)と幕府の大黒柱であった[[大江広元]](78歳)は、共に事件前年に死去している。
 
高桑次郎は、幕府を支えたこの3人の相次ぐ死去で幕府の力がかなり弱まったと誤認し、「頃は良し」と決起したのかもしといわ
 
== 来歴 ==
53

回編集