「お梅」の版間の差分

編集の要約なし
(otheruses補遺)
編集の要約なし
{{otheruses|幕末期の新選組に関連する人物|同時期の人物で、演劇の題材となった殺人犯|花井お梅|その他の「お梅」のうち、複数いた将軍の側室|お梅の方}}
'''お梅'''(おうめ、生年不詳 - [[文久]]3年[[9月16日 (旧暦)|9月16日]]もしくは[[9月18日 (旧暦)|9月18日]]([[1863年]][[10月30日]]))は、[[江戸時代]]末期([[幕末]])の女性。[[新選組]]筆頭局長・[[芹沢鴨]]の愛妾<ref name=":0">[[永倉新八]]『[[浪士文久報国記事]]』『[[新選組顛末記]]』。</ref>。
 
以下の記述は、[[昭和]]になって[[子母澤寛]]が[[八木為三郎]](新選組が屯所としていた[[八木家]]の子息)からの証言を元に書き記されたとされる『[[新選組始末記]]』『新選組遺聞』を元に解説する。
 
== 生涯 ==
[[京都]][[西陣]]に生まれ、[[島原 (京都)|島原]]のお茶屋にいたといわれる。その後、四条堀川西入ルの太物問屋(呉服商)[[菱屋太兵衛|菱屋]]の妾になっていた<ref name=":0" />。年の頃は22~23歳ぐらいだった。
 
[[壬生浪士|壬生浪士組]](新選組)筆頭局長・芹沢鴨が菱屋から未払いのまま買い物をし、菱屋がたびたび催促するも支払れなかった。これ以上、催促することで芹沢との諍いを恐れた菱屋は、女ならばあたりも柔らかろうとお梅を催促へやった。お梅は垢ぬけて愛嬌がよい、隊士たちが評判にするような凄い美人だった。はじめ何度かは芹沢に追い返されたが、ある日、借金の催促に来ると芹沢に部屋に連れ込まれ手ごめにされた。最初は嫌がっていたお梅も、そのうちに自分から芹沢の元へ通うようになった。
483

回編集