「カタログ販売」の版間の差分

出典追加など
(→‎主な企業: {{要曖昧さ回避}}貼り付け)
(出典追加など)
'''カタログ販売'''(カタログはんばい)は、[[通信販売]]の原初的形式で、年1回から数回発行する[[カタログ]]を通して商品を販売するものである
 
== アメリカ ==
カタログ販売の起源は[[19世紀]]後半の[[アメリカ合衆国|アメリカ]]あり通信販売の起源ともなった<ref name="toyokeizai1:2">[http://toyokeizai.net/articles/-/108250{{Cite web|title=「通信販売」の歴史をどれだけ知っていますか 1]{{!}} 蘊蓄の箪笥 100章|url=https://toyokeizai.net/articles/-/108250|website=東洋経済オンライン、2017年4月19日閲覧。|date=2016-03-09|accessdate=2020-11-12|language=ja|publisher=[[東洋経済新報社]]}}</ref>。
 
[[1886年]]、[[ミネソタ州]][[駅員]]だったリチャード・ウォーレン・シアーズが容易に都市部に出られない農民向けに通販で安く販売する商売をスタートさせ始めた<ref name="toyokeizai1:2" />。[[1893年]]には時計商アルヴァ・C・ローバックとともに[[シカゴ]]で「シアーズ・ローバック」を設立し、[[消費者]]にカタログを郵送する形態のマーケティングを展開した<ref name="toyokeizai1:2" />。
 
== 日本 ==
[[日本]]では[[1876年]]([[明治]]9年)、[[津田梅子]]の父である[[農学者]]の[[津田仙]]が、[[学農社農学校]]が発行する『農業雑誌』で米国アメリカ[[トウモロコシ]][[子|種]]を販売したのが通信販売の最初とされている<ref name="toyokeizai1:2" /><ref name="toyokeizai2">。また、伝統的な[http://toyokeizai.net/articles/-/108250?page=2 「通信販売」の歴史を[古書店]]や[[骨董]]店なで発行さだけ知っていますか 2る[[目録] 東洋経済オンライン]は2017年4月19日閲覧。</ref>一種の通販用カタログとみなすことができる
 
しかし、日本で通信販売が発達したのは戦後であり、[[1960年代]]にカタログ販売の会社が次々と出現した<ref name="toyokeizai2:2" />。
 
[[1970年代]]には[[服飾|婦人服]]を中心とした[[ファッション]]のカタログ販売を行う会社が増え<ref name=":2" />、[[1974年]]にフジサンケイリビングサービス(現:[[ディノス・セシール]])の『[[ディノス]]』<ref name=":2" />、[[1975年]]には『[[ニッセンホールディングス|ニッセン]]』<ref name=":1">{{Cite web|title=企業情報[沿革]|url=https://www.nissen-hd.co.jp/company/history.htm|website=ニッセンホールディングス|accessdate=2020-11-11|publisher=}}</ref>と『[[セシール]]』<ref name=":2" />、[[1976年]]には[[千趣会]]の『ベルメゾン』が創刊されている<ref name=":2" />。[[1980年代]]に入ると、[[1986年]]に『[[ベルーナ]]』<ref name=":0">{{Cite web|title=企業情報 {{!}} 沿革|url=https://www.belluna.co.jp/company/history/|website=ベルーナ|accessdate=2020-11-12|publisher=}}</ref>、[[1988年]]には『[[ピーチ・ジョン]]』が創刊された。
現代の[[日本]]では、多くのカタログは[[コンビニエンスストア]]や[[スーパーマーケット]]などに[[フリーペーパー|フリーマガジン]]として設置されている。専門業者だけでなく、百貨店や[[郵便局]]のように、店舗や窓口に自社の通信販売用カタログを設置している場合もある。このほか、[[雑誌]]の形で市販されるものもある。
 
現代の日本では、通販カタログは[[コンビニエンスストア]]や[[スーパーマーケット]]、[[100円ショップ]]などに[[フリーペーパー|フリーマガジン]]として設置されることが多い。[[2000年代]]以降は[[インターネット]]の普及により、カタログ通販から出発した企業も多くは[[ECサイト|通販サイト]]を開設している。
伝統的な[[古書店]]や[[骨董]]店などで発行される[[目録]]は、一種の通販用カタログとみなすことができる。
 
現代の[[日本]]では、多くのまたカタログは[[コンビニエンスストア]]や[[スーパーマーケット]]などに[[フリーペーパー|フリーマガジン]]として設置されている。通販専門業者だけでなく、[[百貨店]]や[[郵便局]]のように店舗や窓口に自社の通信販売用カタログを設置している場合もある。このほか『[[通販生活]]』のように[[雑誌]]の形で市販されるものもある。
 
== 主な企業 ==
 
* [[STV開発センター]]
=== ファッション ===
* [[大塚商会]]
* [[スクロール_(通販会社)|スクロール]](旧:ムトウ、[[静岡県]][[浜松市]])
* [[オルビス]]
* [[ディノス]](現:[[ディノス・セシール]])
* [[通販生活|カタログハウス]]
**[[セシール]](現:ディノス・セシール[[高松市|高松]]オフィス、[[香川県]][[高松市]]<ref>{{Cite web|title=企業概要/事業所・関係子会社|url=https://www.dinos-cecile.co.jp/corporate/outline/|website=株式会社ディノス・セシール|accessdate=2020-11-12|publisher=}}</ref>)
* [[スクロール_(通販会社)|スクロール]]
**イマージュ([[アイム (企業)|株式会社イマージュ]]からディノス・セシールに事業譲渡)
* [[セシール]]
* [[千趣会]]
* [[ディノス]]
* [[ニッセンホールディングス]]
*[[千趣会]](『ベルメゾン』)
* [[はぴねすくらぶ]]
* [[ベルチ・ジョン]]
*ノース・モール(旧:[[オットー (企業)|オットージャパン]])
* [[ベルーナ]]
*[[ピーチ・ジョン]](女性用下着)
* [[オットー]]{{要曖昧さ回避|date=2018年11月}}
 
* [[ティティベイト]]
=== その他 ===
* [[郵便局物販サービス]]
* [[通販生活|カタログハウス(『通販生活』)]]
* [[オルビス]](化粧品)
* [[はぴねすくらぶ]](総合通販)
* [[STV開発センター]](『[[あき竹城の北海道 味の物産市!|北海道 味の物産市!]]』)
* [[大塚商会]](OA機器・事務用品『たのめーる』)
* [[郵便局物販サービス]]
 
== 脚注 ==