「カタログ販売」の版間の差分

(出典追加など)
しかし、日本で通信販売が発達したのは戦後であり、[[1960年代]]にカタログ販売の会社が次々と出現した<ref name=":2" />。
 
[[1970年代]]には[[服飾|婦人服]]を中心とした[[ファッション]]のカタログ販売を行う会社が増え<ref name=":2" />、[[1974年]]にフジサンケイリビングサービス(現:[[ディノス・セシール]])の『[[ディノス]]』<ref name=":2" />、[[1975年]]には『[[ニッセンホールディングス|ニッセン]]』<ref name=":1">{{Cite web|title=企業情報[沿革]|url=https://www.nissen-hd.co.jp/company/history.htm|website=ニッセンホールディングス|accessdate=2020-11-11|publisher=}}</ref>と『[[セシール]]』<ref name=":2" />、[[1976年]]には[[千趣会]]の『ベルメゾン』が創刊されている<ref name=":2" />。[[1980年代]]に入ると、[[1986年]]に『[[ベルーナ]]』<ref name=":0">{{Cite web|title=企業情報 {{!}} 沿革|url=https://www.belluna.co.jp/company/history/|website=ベルーナ|accessdate=2020-11-12|publisher=}}</ref>、[[1988年]]には『[[ピーチ・ジョン]]』が創刊された。
 
現代の日本では、通販カタログは[[コンビニエンスストア]]や[[スーパーマーケット]]、[[100円ショップ]]などに[[フリーペーパー|フリーマガジン]]として設置されることが多い。[[2000年代]]以降は[[インターネット]]の普及により、カタログ通販から出発した企業も多くは[[ECサイト|通販サイト]]を開設している。
* [[ニッセンホールディングス]]
*[[千趣会]](『ベルメゾン』)
*[[ベルーナ]]([[埼玉県]][[上尾市]])
*ノース・モール(旧:[[オットー (企業)|オットージャパン]])
*[[ピーチ・ジョン]](女性用下着)