「カタログ販売」の版間の差分

編集の要約なし
現代の日本では、通販カタログは[[コンビニエンスストア]]や[[スーパーマーケット]]、[[100円ショップ]]などに[[フリーペーパー|フリーマガジン]]として設置されることが多い。またカタログ通販専門業者だけでなく、[[百貨店]]や[[郵便局]]のように店舗や窓口に自社の通信販売用カタログを設置する場合もある。このほか『[[通販生活]]』のように[[雑誌]]の形で市販されるものもある。
 
カタログ通販は、雑誌[[広告]]掲載型の通信販売、[[テレフォンショッピング]]、[[テレビショッピング]]、[[ラジオショッピング]]と並び、[[1990年代]]までは通信販売の主流であった。しかし[[2000年代]]以降は[[インターネット]]の普及により、[[楽天|楽天市場]]や[[Amazon.co.jp|Amazon]]などの[[電子商取引|ネット通販]]に押されて軒並み業績が悪化した。業界大手のディノスとセシールが合併したり、他社に買収され傘下入りするなどして生き残りを図った。そのため現在では、カタログ通販から出発した企業も多くは[[ECサイト|通販サイト]]を開設し、紙のカタログ配布による通販からネット通販に主軸を移している。
 
== 主な企業 ==
 
=== ファッション ===
*[[スクロール_(通販会社)|スクロール]] - 旧:ムトウ[[静岡県]][[浜松市]]
* [[ディノス]] - 現:[[ディノス・セシール]] 、[[フジサンケイグループ]]。
**[[セシール]](現:ディノス・セシール[[高松市|高松]]オフィス、 - [[香川県]][[高松市]]<ref>{{Cite web|title=企業概要/事業所・関係子会社|url=https://www.dinos-cecile.co.jp/corporate/outline/|website=株式会社ディノス・セシール|accessdate=2020-11-12|publisher=}}</ref>。[[LDH (持株会社)|ライブドアグループ]]を経てディノスと合併。
**イマージュ - [[アイム (企業)|株式会社イマージュ]]から、香川県高松市。ディノス・セシールに事業譲渡
* [[ニッセンホールディングス]] - [[京都市]] 、[[セブン&アイ・ホールディングス|セブン&アイHD]]グループ。
*[[千趣会]] ベルメゾン』、)- [[大阪市]]。[[地域経済活性化支援機構]]により経営再建。
*[[ベルーナ]] - [[埼玉県]][[上尾市]]
*ノース・モール - 旧:[[オットー (企業)|オットージャパン]]。オットーグループを離脱。
*[[ピーチ・ジョン]] - 女性用下着通販、[[ワコール]]グループ。
 
=== その他 ===
*[[通販生活|カタログハウス(通販生活)]]- 雑誌形式で販売される有料カタログ。
*[[オルビス]] - 化粧品通販。
* [[はぴねすくらぶ]] - 総合通販、[[福岡市]]
* [[STV開発センター]] [[あき竹城の北海道 味の物産市!|北海道 味の物産市!]]
* [[大塚商会]](OA (たのめーる) - オフィス用OA機器・事務用品『ためーる』)カタログ販売。
*[[郵便局物販サービス]]