「自作パソコン」の版間の差分

m
編集の要約なし
(広告の含まれる個人のまとめサイトに本文から直接リンクが張られていました。信頼出来る情報ではないためリンクを外しました。)
m
「自作パソコン」という用語・概念は、主に大手コンピューターメーカーや[[電機メーカー]]などによって[[製造]]されたメーカーブランドのパソコン、組み立て済みの状態で[[販売]]されているパソコンと対比する意味で用いられる。
 
自作パソコンにはユーザー自身の好みで[[仕様]](スペック)を決められる。(使い始めた後でも)個々の部品ごとに好みでアップグレード」できる(さらに高性能・高機能な部品に交換できる)できるなどの[[メリット]]がある<ref name="binary" />。
 
かつてはメーカー製パソコンより自作パソコンのほうが安かったが、現在では[[通信販売|ネット通販]]で[[直接販売]]されるパソコン(特に[[デル]]社などによって広められ、その後に他社も模倣・追随した製造・販売方法)や、パソコン販売店独自のブランド(ショップブランド)などが広まって、[[価格]]面でのメリットはほとんどなくなった<ref>IT用語辞典 e-words「自作パソコン」。http://sp.e-words.jp/</ref>。自作パソコンが世に広まったのはパソコンに占める[[IBM-PC互換機]]のシェアが大きくなり、それの部品が広く、安く出回るようになったことによるところが大きい。
 
主なデメリットとしてはメーカー製のパソコンとは異なり[[保証|動作保証]]がないことである<ref name="binary" /><ref>注:自作パソコンにおいては、後述のように[[ソフトウェア]]のみならず、組立・システム変更時の相性問題や使用中のハードウェアやシステム全体のトラブルについて対処のほぼ全てをユーザー自身で行い解決する必要がある。そのため、ハードウェアの構成や内容を把握し、障害発生時には原因を切り分けられること、並びにドライバを含むシステムをインストール・設定できる程度のスキルが要求される。{{要出典|date=2012年10月}}</ref>。(故障部品が特定できて部品の保証が残っているなら当然その部品の保証は受けられる)詳細は後述。
 
== 製作可能なパソコン ==