「トルコ軍」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター 手動差し戻し
 
トルコは[[中近東]]有数の軍事力を有するうえ、経済発展により国民の自負心が高まっている。こうした背景により、中東・[[イスラム圏]]全体に影響力を及ぼそうとする「[[新オスマン主義]]」と呼びうる外交・安全保障政策をとりつつあると指摘されている。2016年には、オスマン帝国が一時支配下においていた[[ペルシャ湾]]岸の[[カタール]]の軍事基地を利用する協定を結んだ<ref>「[[新オスマン主義]]」『[[読売新聞]]』朝刊2017年4月26日</ref>。
 
こうした動きの底流にはキプロス紛争で芽生えたNATOへの不信があり、[[上海協力機構]]などの非NATO諸国との関係をより重視する[[ユーラシア主義]]者の政治家や軍人が存在し<ref>{{cite web|url=https://www.meforum.org/59054/turkey-adopts-eurasianism| title =Turkey Adopts Eurasianism| date = 2019-07-30| publisher = Middle East Forum|accessdate=2019-08-05 | language= en}}</ref><ref>{{cite web|url=https://jamestown.org/program/turkey-trot-military-cooperation-between-beijing-and-ankara/| title =Turkey Trot: Military Cooperation between Beijing and Ankara| date = 2009-04-16| publisher = ジェームズタウン財団|accessdate=2019-07-13 | language= en}}</ref>、軍事装備は[[西側諸国|西側]]のものだけではなく、[[中華人民共和国]]の協力で[[弾道ミサイル]]の{{仮リンク|J-600Tユルドゥルム|en|J-600T Yıldırım}}や[[多連装ロケットシステム|MRLS]]の{{仮リンク|T-300カシルガ|en|Weishi Rockets#T-300 Kasırga}}を開発しており、中国の地対空ミサイルである[[HQ-9 (ミサイル)|HQ-9]]も購入するも後に撤回した<ref>Toksabay, Ece (26 September 2013). "Chinese firm wins Turkey's missile defense system tender".[[ロイター|Reuters]].</ref><ref>Butler, Daren; Karadeniz, Tulay; Martina, Michael (18 November 2015). Mark, Heinrich (ed.). "UPDATE 2-Turkey confirms cancellation of $3.4-bln missile defence project awarded to China". Reuters.</ref>。[[ロシア連邦]]からはNATOと互換性のない[[地対空ミサイル]]の[[S-400 (ミサイル)|S-400]]を導入した<ref>{{cite news | title=トルコにロシア製ミサイル防衛システム納品開始-米国は導入に反発 | date=2019-07-12 | publisher=[[ブルームバーグ (企業)|ブルームバーグ]]| url=https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-12/PUIXG26TTDS101 | accessdate= 2019-07-13}}</ref>。また、従来は[[アメリカ合衆国]]や[[イスラエル]]と行ってきた合同軍事演習{{仮リンク|アナトリアの鷲|en|Anatolian Eagle}}を中国とも実施した<ref>{{cite news | title=Sino-Turkish Strategic Partnership: Implications of Anatolian Eagle 2010 | date=January 14, 2011 | publisher=The Jamestown Foundation| url=http://www.jamestown.org/single/?tx_ttnews%5Btt_news%5D=37369 | accessdate= 2019-06-30}}</ref><ref>{{cite news | title=The Anatolian Eagle Is Looking Eastward | date=2010-10-15 | publisher=The Daily Signal| url=http://dailysignal.com/2010/10/15/the-anatolian-eagle-is-looking-eastward/ | accessdate= 2019-07-13}}</ref><ref>{{cite news | title=Growing Ties Between Turkey, China, Iran Worry Israel and US | date=2010-10-07 | publisher=[[ハアレツ]]| url=http://www.haaretz.com/growing-ties-between-turkey-china-iran-worry-israel-and-u-s-1.317583 | accessdate= 2019-07-13}}</ref>。自立志向も強く、装備の国産化率を7割に高め、さらに中東諸国や[[トルクメニスタン]]、[[パキスタン]]などに輸出もしている。[[無人機]]など装備の開発・改良には、シリアなどでの実戦経験が反映されている<ref>[https://www.asahi.com/articles/DA3S14062670.html (世界発2019)トルコ進む武器国産化/無人機・攻撃ヘリ・長距離砲・電子戦システムなど…自給率7割に/きっかけは米国禁輸の衝撃/西側依存避けロシアに接近]『[[朝日新聞]]』朝刊2019年6月20日(国際面)同日閲覧。</ref>。
 
== 徴兵制度 ==