「予備役」の版間の差分

予備役とは、普段から軍隊に組み込まれ営中で生活する[[現役]]軍人(常備)に対して、一般社会で生活をしている者や装備の旧式化や保存のため退役はしているが除籍前の艦艇、航空機を指す。軍隊以外の職業に就いて生計を立てていたりする。[[国会議員]]をはじめ、現役軍人では就くことのできない職業に就くことも可能であることが多い。
 
平時と有事では必要とされる兵員の数に大差があるため、有事に不足人員を[[動員]]する。しかし、軍の経験もなければ訓練も受けていない者を戦力化するのは困難を伴う。そこで有事の際に早急に兵力を拡充するため、予備役制度が存在する。予備役召集の為の命令書が[[召集令状]]である。予備役は一般に現役を退いた[[退役軍人]]で構成されるが、[[予備自衛官補]]のような例外もある。また、イギリスの[[国防義勇軍]]のように、常備軍の退役軍人とは別個に公募の非常勤志願兵を組織している例もある。構成員は一般社会の中で生計を立てていることが大半であるため、休日など限られた日数のみ軍隊に出頭して訓練することが多い。国によっては正規軍ではなく、[[民兵]]などの[[準軍事組織]]に再配置されることもある。
 
== 予備役の兵器==
匿名利用者