「江川太郎左衛門」の版間の差分

編集の要約なし
m (歴代当主の追加)
 
 
[[天正]]18年([[1590年]])、[[豊臣秀吉]]による[[小田原征伐]]の際には、江川家28代[[江川英長|英長]]は寝返って[[徳川家康]]に従い、代官に任ぜられた。以降江川家は、[[享保]]8年([[1723年]])- [[宝暦]]8年([[1758年]])の間を除き、[[明治維新]]まで[[相模国|相模]]・伊豆・[[駿河国|駿河]]・[[甲斐国|甲斐]]・[[武蔵国|武蔵]]の[[天領]]5万4千[[石 (単位)|石]]分(後26万石に膨れ上がる)の代官として、民政に当たった。
<br>しかし世襲家禄は、譜代の正規の旗本ではないので僅か150俵(ほぼ150石と同義)取りであった。
 
== 著名な「江川太郎左衛門」 ==
483

回編集