「トーマス・バッハ」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
== 功績 ==
自身が推進してきた『[[オリンピック・アジェンダ2020]]』は、世界中から寄せられた4万件以上のオリンピックに対する意見を40項目に集約したもの。2014年12月のIOC臨時総会で、この40の改革案すべてが満場一致で採択された<ref>{{Cite web |url = https://web.archive.org/web/20160304191053/http://tvstation.jp/sport/olympic-verification/6578/|title = 2020年東京オリンピックでの追加競技は?|publisher = tvstation.jp |date = |accessdate = 2019-11-01}}</ref>。このアジェンダに基づき追加種目制度、男女混合種目の増加、女子種目の増加、複数都市共催大会([[2026年冬季オリンピック|2026年冬ミラノ/コルティナ・ダンペッツォオリンピック]])開催決定と実績を上げている。アジェンダには脱コンパクト五輪である「主催都市ではない他の都市への分散開催を、開催国家の中で可能とする」アジェンダが含まれていた。このアジェンダが守れない場合、開催都市として立候補は行えない<ref>{{Cite web |url = https://web.archive.org/web/20191102015213/https://www.zakzak.co.jp/soc/news/191031/dom1910310002-n2.html|title = 最悪の場合「東京開催」剥奪も!? 小池都知事、五輪マラソン問題でIOCと徹底抗戦も…識者「都がいつまでも不満述べるなら…」 |publisher = www.zakzak.co.jp |date = |accessdate = 2019-11-02}}</ref>。
 
==顕彰==
48

回編集