「ダスティン・ジョンソン」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
}}
 
'''ダスティン・ハンター・ジョンソン'''('''Dustin Hunter Johnson ''', [[1984年]][[6月22日]]<ref name=ALBA_profile></ref><ref name=GDO_profile></ref> - )は、[[アメリカ合衆国|アメリカ]]・[[サウスカロライナ州]][[コロンビア (サウスカロライナ州)|コロンビア]]出身<ref name=ALBA_profile></ref><ref name=GDO_profile></ref>の[[プロゴルファー]]である。2019-20[[フェデックスカップ|フェデックス]]総合優勝。2016年の[[全米オープン (ゴルフ)|全米オープン]]2020年[[2020年マスターズ・トーナメント|マスターズ]]優勝者。ストロンググリップが特徴で<ref>{{Cite web|url=https://spaia.jp/column/golf/11038|title=コリン・モリカワの活躍で出てくる 左手がウィークグリップの選手が増える可能性|publisher=【SPAIA】スパイア|date=2020-08-31|accessdate=2020-11-16}}</ref>[[PGAツアー]]屈指の飛ばし屋として有名<ref name=GDO_profile></ref><ref>{{cite web |url=https://www.golfdigest-minna.jp/_ct/17151107 |title=世界一の飛ばし屋は誰だ! ダスティン、フィナウ、それとも……? 忘れちゃいけない日本ツアーの「あの男」 |publisher=川野美佳(みんなのゴルフダイジェスト) |date=2018-03-02 |accessdate=2018-11-21}}</ref><ref name=golfnetwork19311>{{cite web |url=https://www.golfnetwork.co.jp/news/detail/19311 |title=強靭なリストで守り続けた世界1位の座 2017年のD.ジョンソン |publisher=ゴルフダイジェストオンライン |date2017-12-21 |accessdate=2018-11-21}}</ref>。
 
== 経歴 ==
2018年、セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ最終日において、12番パー4(433yd)の1打目ドライバーでピンまで10㎝まで寄せ、あわやホールインワンというビッグドライブを達成<ref>{{cite web |url=https://sports.yahoo.co.jp/video/player/579337 |title=【ショット・オブ・ザ・デイ】ジョンソンが430ヤードをホールインワン寸前!|publisher=Y's Sports Inc. |date=2018/1/8 |accessdate=2018/12/18}}</ref><ref>{{cite web|url=https://www.golfdigest-minna.jp/_ct/17173739 |title=【AD】世界最高峰の舞台に挑む二人の飛ばし屋。DJとラームの“ドライバー頂上決戦” |publisher=みんなのゴルフダイジェスト |date=2018/06/14 |accessdate=2018/12/18}}</ref>。さらに、フェデックス・セントジュード・クラシックで優勝し、4週間ぶりに世界ランク1位に返り咲いた<ref>{{cite web |url=https://news.golfdigest.co.jp/news/weeklywr/pga/article/74699/1/ |title=D.ジョンソンが4週ぶりの1位 松山英樹は10位で変わらず/男子世界ランク |publisher=ゴルフダイジェストオンライン |date=2018-06-11 |accessdate=2018-11-21}}</ref>。
 
==通算成績 (2124勝)==
===PGAツアー(21(24勝)===
{| class="wikitable" style="font-size:small"
|- style="background-color:#eee"
|'''凡例'''
|- style="background-color:#e5d1cb"
| メジャー大会 (12)
|- style="background-color:#dfe2e9"
| 世界ゴルフ選手権 (6)
|- style="background-color:#D8BFD8"
| フェデックスカッププレーオフ (46)
|-
| その他 (910)
|}
 
|1 stroke
|{{flagicon|USA}} [[Kevin Streelman]]
|- style="background:thistle;"
|align=center|22
|align=right|Aug 23, 2020
|[[The Northern Trust]] <small>(3)</small>
|align=right|67-60-64-63=254
|align=center|−30
|11 strokes
|{{flagicon|USA}} [[ハリス・イングリッシュ]]
|- style="background:thistle;"
|align=center|23
|align=right|Sep 7, 2020
|[[ツアーチャンピオンシップ]]
|align=right|67-70-64-68=269
|align=center|−21<sup>1</sup>
|3 strokes
|{{flagicon|USA}} [[Xander Schauffele]], {{flagicon|USA}} [[Justin Thomas]]
|- style="background:#e5d1cb;"
|align=center|24
|2020年11月15日
|'''マスターズ'''
|align=right|65-70-65-68=268
|align=center|−20
|5打差
|{{flagicon|KOR}} [[任成宰]], {{flagicon|AUS}} [[キャメロン・スミス (ゴルファー)|キャメロン・スミス]]
|}
<small><nowiki>*</nowiki>''Note: Tournament shortened to 54 holes due to poor weather conditions.</small>''<br>
<small><nowiki>**</nowiki>The [[2016 WGC-Bridgestone Invitational]] was only sanctioned by the [[PGA Tour]]; it was not sanctioned by the [[European Tour]] due to a schedule change for the [[Golf at the 2016 Summer Olympics – Men's individual|Olympic Games]].</small><br>
<sup>1</sup>Started tournament at −10 FedEx Cup playoffs adjustment, scored −11 to par
 
 
=== その他 ===