「オーラルセックス」の版間の差分

性病の予防には[[コンドーム]]の使用が望ましい。
 
[[2006年]]に、米マルム大学の学部の研究は、HPV([[ヒトパピローマウイルス]])に感染している人に対して無防備なオーラルセックスを行うことが[[口腔癌]]の危険性を増す可能性が高いことを明らかしている。調査では、がん患者における[[ヒトパピローマウイルス]]に感染した者の率は36%で、健康な人々における感染者率1%と比較して明らかに高い確率でHPVを持っていることされている<ref>[https://www.medindia.net/news/view_news_main.asp?x=5822 MedIndia: "Oral Sex Linked To Mouth Cancer Risk".]</ref>。
{{-}}
 
匿名利用者