「ポリアモリー」の版間の差分

+Wayback
(アセクシャルなポリアモリー、日米のニュアンス差)
(+Wayback)
ポリアモリーは「同意に基づく、[[倫理]]的で、かつ[[:en:Moral responsibility|責任]]を持つ[[:en:Non-monogamy|ノン・モノガミー]]」であるとされる<ref>Morning Glory Zell-Ravenheart. ''A Bouquet of Lovers'' (1990)</ref><ref name=":1">{{Cite journal|last=Klesse|first=C.|date=2016-08-15|title=Polyamory and its 'Others': Contesting the Terms of Non-Monogamy|journal=Sexualities|volume=9|issue=5|pages=565–583|doi=10.1177/1363460706069986}}</ref><ref>{{cite journal |first= Jillian |last= Keenan |date= June 13, 2013 |title= Marry Me. And Me: The case for polyamory. And while we're at it, let's privatize marriage. |url= http://www.slate.com/articles/double_x/doublex/2013/06/polyamory_should_be_legal_it_s_consensual_and_fine_for_children.html |journal= [[Slate (magazine)|Slate]] }}</ref>。ポリアモラスであると自認する人は、嫉妬心を自覚的にうまく扱う[[オープン・リレーションシップ]]を信じ、深い・[[:en:Committed relationship|献身的な]]・長期的な・愛し合う交際においては性や恋愛を排他的なものとするのが必須だとの考えを退ける<ref name=":3">{{cite journal|author=Klesse, C. |year=2011|title= Notions of love in polyamory—Elements in a discourse on multiple loving|journal= Laboratorium|volume= 3|issue=2|pages= 4–25|url=http://www.soclabo.org/index.php/laboratorium/article/view/250/588}}</ref>。
 
[[無性愛|アセクシャル]]なポリアモリーも存在する。[[アメリカ合衆国|米国]]などではポリアモリーは「複数人と合意のもとで[[性行為|セックス]]を含む恋愛関係を結ぶこと」というニュアンスが強いのに対し、日本では複数人に恋愛感情を持ち交際をするがセックスはしない者も比較的多い<ref>{{Cite web |url=https://cakes.mu/posts/32297 |title=ポリアモリーにもアセクシャルはいる |accessdate=2020-11-17 |author=きのコ |date=2020-11-17 |website=[[note (企業)|cakes]] |work=わたし、恋人が2人います。 }}{{Wayback|url=https://cakes.mu/posts/32297 |title=ポリアモリーにもアセクシャルはいる |date=20201117022747}}</ref>。
 
ポリアモリーは、関係者全員が一同に会して行う[[グループセックス|乱交]]をするわけではない。また、[[乱婚]]よりもパートナーとの繋がりが強い。しかし、[[複婚]]との違いは曖昧である。かつて使用された用語の[[オープン・マリッジ]]との違いは、未だ確定されていない。また、かつて使用された用語のフリー・ラブ([[自由恋愛主義]])や[[フリー・セックス]]との関係も明確ではない。関係者の一部にポリアモリーを肯定していない者がいる場合や、関係者の中に[[LGBT]]である者が含まれる場合もある。