「イモビライザー」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
 
== イモビカッターによるイモビライザー破り ==
イモビライザーを搭載していても、該当の[[自動車]]が盗まれるケースもゼロではない([[2005年]][[10月25日]]に起きた[[J1リーグ|J1]](当時)[[FC東京]]の[[茂庭照幸]]選手の[[トヨタ・ランドクルーザー]]盗難事件など)
 
また、国産自動車メーカーの車種の中には、運転席付近にある整備用のコネクタに差し込むことで車両側のIDコードをリセットできるものも存在しており、これを利用して別のキーのIDコードに照合させることでエンジンの始動を可能にする装置(通称「イモビカッター」)も登場し、十数秒で解錠できるようになってしまった。
* [[レッカー車]]で車両ごと持ち去った可能性は捨てきれない
* レッカー車などで持ち去ったあと、イモビライザーを交換すればエンジンは始動できる
と認定、損害保険会社に全額の支払いを命じた。事件から支払いの[[判決]]を得るまで、実に1年9か月を要した。
 
現在の「法令」では、これらの所持は完全な違反ではないが、[[2013年]][[2月13日]]に[[愛知県]]が業務で必要な場合を除き)など「正当な理由」なく所持することを禁止する条例の改正案を同年7月1日から施行することが発表された(罰則は1年以下の懲役および50万円以下の罰金)<ref>{{cite news |title=イモビライザー:解除機器 愛知県が条例で所持規制へ |author= |newspaper=[[毎日新聞]] |date2013-02-13= |url=http://mainichi.jp/select/news/20130213k0000e040210000c.html |accessdate=2013-02-13}}</ref>([[2011年]]2月にこれを販売していた男に対して[[窃盗]]幇助罪が適用され起訴されたケースがある)
[[TBSテレビ|TBS]]「[[筑紫哲也 NEWS23|ニュース23]]」2006年1月9日放送分では、この問題を特集した際に、イモビライザー破りの手口が業者により明かされており、結局はイモビライザー以外の自己防衛も必要だと語られている。
 
現在の「法令」では、これらの所持は完全な違反ではないが、[[2013年]][[2月13日]]に[[愛知県]]が(業務で必要な場合を除き)「正当な理由」なく所持することを禁止する条例の改正案を同年7月1日から施行することが発表された(罰則は1年以下の懲役および50万円以下の罰金)<ref>{{cite news |title=イモビライザー:解除機器 愛知県が条例で所持規制へ |author= |newspaper=[[毎日新聞]] |date2013-02-13= |url=http://mainichi.jp/select/news/20130213k0000e040210000c.html |accessdate=2013-02-13}}</ref>([[2011年]]2月にこれを販売していた男に対して[[窃盗]]幇助罪が適用され起訴されたケースがある)。
 
イモビライザーが出始めた当初は、一部の[[高級車]]などに採用されていた程度だったが、最近では[[軽自動車]]や[[ミニバン]]、大型[[オートバイ]]など、標準装備として[[大衆車]]に採用される車種が多くなっている他、積荷目的での車両ごとの乗り逃げ盗難への対策として、[[いすゞ・エルフ]]など一部の[[貨物自動車]]への装備も始まっている。欧米では低価格の小型車でも、装着が「保安装置」として事実上義務付けられている。
 
[[2004年]]に発売された[[スズキ・スイフト]]は[[Bセグメント|1.3~1.5リッタークラス]]の日本車としては初めて全グレードで標準装備としている。また、[[特別仕様車]]ではよく特別装備として装備される機能でもある。
 
== 脚注 ==