「高鈴山」の版間の差分

m
脱字かな?
(→‎ギャラリー: 写真追加)
m (脱字かな?)
|publisher=茨城県生活環境部環境政策課 |accessdate=2011-05-09}}</ref>。
 
多賀山地南部の最高峰で、[[関東平野]]側からみえる一番高い山で、隣の神峯山が尖峰であるに対し、なだらかな山容である。特徴の無い形だが、山頂にレーダー雨量観測の巨大なコンクリート製の塔が立っているのが目印である。車でも登れる(一般車両は進入禁止)ほか、[[登山道]]もよく整備されている。山頂には、[[展望台]]、一等[[三角点]]、[[天測点]]などがあり、雨量観測塔のほか、電波中継塔などが林立している。
 
人工物が多くて興をそぐが、展望はすばらしく、[[筑波山]]・[[加波山]]など、北方は、茨城県北部の山並み([[奥久慈男体山]]や[[八溝山]]など)や、遠景に、那須連山まで見渡せる。