「ドイツ取引所」の版間の差分

→‎沿革: ISSの株式買収
m (テンプレートの値の終わりにある<br>タグ)
(→‎沿革: ISSの株式買収)
 
 
2000年代以降、ロンドン証券取引所<ref>{{cite web|url=http://www.telegraph.co.uk/finance/newsbysector/banksandfinance/8311679/London-Stock-Exchanges-tumultuous-history-of-bids.html|title=London Stock Exchange's tumultuous history of bids|publisher=デイリー・テレグラフ|language=英語|date=2011-09-02|accessdate=2016-11-23}}</ref>や[[NYSEユーロネクスト]]<ref>{{cite web|url=http://www.bbc.com/news/business-16838793|title=NYSE Euronext merger with Deutsche Boerse blocked by EU|publisher=英国放送協会|language=英語|date=2012-02-01|accessdate=2016-11-23}}</ref>との経営統合が検討されてきたが、実現していない。2016年に[[ロンドン証券取引所グループ]]との経営統合交渉が報道されたが<ref>{{cite web|url=http://jp.wsj.com/articles/SB11840501165892254124304581602360820526444|title=ロンドン証取とドイツ取引所が合併、評価額300億ドル|accessdate=2016-11-23|date=2016-03-16|publisher=ウォール・ストリート・ジャーナル}}</ref>、2017年[[欧州連合]]が承認せず阻止された<ref>{{cite web|url=https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-29/ONKMJR6KLVR501|title=EU:ドイツ取引所のロンドン証取買収阻止-事実上の独占で競争阻害|accessdate=2017-04-30|date=2017-03-29|publisher=ブルームバーグ}}</ref>。
 
[[2020年]]11月、アメリカの議決権行使助言会社であるインスティテューショナル・シェアホルダー・サービシーズ(ISS)の株式の80%を買収することを発表した<ref>{{cite web|url=https://jp.reuters.com/article/iss-m-a-deutsche-boerse-idJPKBN27Y02A|title=ドイツ取引所、議決権助言の米ISSを買収 18億ドルで株式80%|accessdate=2020-11-19|date=2020-11-18|publisher=ロイター}}</ref>。
 
== 脚注 ==