「本朝皇胤紹運録」の版間の差分

m
衍字除去。
m (括弧を全角に)
m (衍字除去。)
 
'''本朝皇胤紹運録'''(ほんちょうこういんじょううんろく)は、[[天皇]]・[[皇族]]の[[系図]]。'''紹運録'''・'''紹運図'''・'''本朝帝皇紹運録'''・'''帝王御系図'''・'''帝皇系譜'''とも。[[後小松天皇|後小松上皇]]の勅命により、時の[[内大臣]][[洞院満季]]が、当時に流布していた『帝王系図』など多くの皇室系図を照合勘案、これに[[天神七代]]と[[地神五代]]を併せて、[[応永]]33年([[1426年]])に成立した。当初おそらくは[[称光天皇|称光院]]までの系譜が編纂され、また本来は満季の祖父の[[洞院公定|公定]]編纂の『[[尊卑分脈]]』と併せて一対としていたらしい。名の由来は、[[中国]][[南宋]]の『歴代帝王紹運図』。
 
内容は神代に始まり、[[天照大神]]以下の5代を掲げ、[[神武天皇]]以下の歴代をそれに続ける。歴代天皇を[[諡号]]または[[院号]]とともに中心に据え、代数・生母・[[諱]]・在位年数や[[立太子]]/[[践祚]]/即位/[[譲位]]/[[崩御]]の年月日・[[御陵]]などの事項を列記する。その他父子 ・兄弟などの皇族も続柄で系線で結び、右から左に綴る横系図の形式を採用し、生母・略歴・極位・極官・薨年などの注記(尻付)を施している。
373

回編集